So-net無料ブログ作成

シンシロ

アルバムタイトルの「シンシロ」には「新色の白」という意味が含まれています。
この頃、活動拠点を東京に移し、レコード会社の移籍があったりしました。
また、東京に進出することで、兼業していた職を辞職し、
バンド活動のみとなったために、今までより音楽に手を伸ばせるようになったなど、
バンドにとっての変化があった時なのです。
そんな中のこのアルバムタイトル。
バンドが構想をまとめているスケッチブックを今作で白紙に戻し、
「新しい白」、「新色の白」を作るつもりでいこうという構想の元、名付けられました。

Ame(B)
まるでミュージカルのような迫力のある音から始まり、
サカナクションらしいダンサブルな曲調に繋がります。
アルバムの1曲目なので、ワクワクしますね。

ライトダンス
飛び跳ねるような音遊びが面白くて、
ついつい身体が動いてしまう曲。
途中でショートブレイクが入るところとか、
まさに聞いて体感する音楽だな、と思います。

セントレイ
タイトルは数字の「1000(セン)と0(レイ)」という意味で、歌詞にもあります。
つまり、「宇宙と自分」と、その「狭間」が繋がっていく軌跡という意味。
そのため、楽曲へのアプローチに宇宙や「銀河鉄道999」といった観点を置いているそうです。
楽曲の音楽性は、ギター・ロックとエレクトロニカをメインにしていて、
2度目のAメロのサウンドではダンス・ビートの要素が含まれている。
かなり早いテンポで、この疾走感がたまらなく爽快です。

ネイティブダンサー
ピアノの音色とボーカルで静かに始まり、途中からダンスビートになったり、
いろんな音が混ざっていくのが面白いです。
最終的にこれほどまでダイナミックに展開するとは思わないから、
いい意味で裏切られています。

雑踏
冒頭にリアルな雑踏のノイズが聞こえるくらいで、
あとは予想に反して落ち着いた曲。
雑踏そのものというよりも、じっと雑踏を見つめているイメージなのかな。

黄色い車
サカナクションのイメージって、ついダンスビートに偏りがちですが、
この曲はシンプルなバンドサウンド。
こういう曲もあるんですよ。

enough
冒頭のメロディアスなバラードからは想像できない展開!
途中で全く別の曲のように様変わりします。
そして最後は何事もなかったように元のサウンドに戻る。
途中、異世界に飛ばされてたんじゃないかって感じ。
最後に夢から覚めたように終わるところが好きです。

涙ディライト
前作までのサウンドを引き継いでいるような曲で、
懐かしいというか、聴き馴染みのある感じがしました。

アドベンチャー
Aメロの音の始まりが「ゆ」で揃っているところに言葉遊びも感じます。
この曲はサラウンドで聴くといいかもしれないですね。

human
最後に壮大な曲で締めくくります。
私の場合、足りないものなんていっぱいあり過ぎて、
でも何かに背中を押されてここまできたには違いない。確かに。
私も誰かの背中を押すような存在になれたらいいけど、程遠いな。




シンシロ(通常盤)

シンシロ(通常盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2009/03/04
  • メディア: CD


収録曲を見る


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Humanizer

約3年ぶりとなるオリジナルアルバムで、
テーマは「BACK TO THE BASIC」=原点回帰。
原点回帰ということで、4つ打ちダンスビートに仕上がっています。

BLAZABILITY
インストあけて最初の1曲目は、ドカンとパワフルな曲。
アーケードゲームの頭文字Dのオープニング曲なのですが、
昔の頭文字Dの主題歌を彷彿とさせるようなユーロビートなサウンドとリズム。
だから原点回帰なのでしょうね。
バトルの光景が目に浮かびます。

DIVE INTO STREAM
こちらは頭文字Dのゲームソフトの方のオープニング曲。
やっぱりユーロビートなサウンドで、サビなんかいかにも!な感じです。
最後の大サビに向かう直前のラップでちょっとリズム感が変わるのですが、
勝負と同じで、どう展開するかわからないところが面白いです。

HYPNOTIZER
独特のミステリアスなサウンドが、まるで催眠術のよう。
催眠術を音楽で表現したら、こんな感じになるんだろうな、という感じです。
そんな催眠術師に術をかけられるみたいな、浮遊感がやみつきになります。

Kiss Me Now
歌詞をよく読んでると、「なるほど!」と思わせることばかり。
そんなに難しいことは言ってないんだけど。
motsuさんのラップで「彼女の言うことを聞きな」みたいなことが挟まれていて、
構成としてもとても面白いな、と思いました。

Party Nation
バブリーでゴージャスなパーティーソング。
4つ打ちがダサカッコイイ感じに仕上げているのですが、
m.o.v.eなのでクールさもあって、ダサくなり過ぎないのです。
これはテンションあがるよ!

Step Into Shangri-La
ラップの割合が多めで、yuriさんのボーカルはほぼサビだけ。
ラップが多いということは、ワード数が多く、
そこにいろんな要素が詰め込まれているので、とても面白いです。
曲のイメージとしては、RPGのゴールを目指していく世界感。
ブルース・リー(Lee師匠)の名言が出てくるのも面白いです。

Don't Cry For Me
m.o.v.eらしい、切ないお別れソング。
だけどバラードではなくアップテンポなので、
単に聞くだけだと、そんなにしんみりする感じではないのですが。
こんなアップテンポなビートで表現できるのがオシャレです。

KEEP ON MOVIN'
頭文字Dのゲームソフトのエンディング曲。
頭文字Dがらみのエンディングって、バラードやミディアムソングになって、
結構しみる曲が多いんですよね。
この曲もしかり。
次のステージへ、まだ走り続ける、そんなメッセージが伝わってきます。

BEAUTIFUL DESIRE~ウツクシキ欲望~
欲望は「ユメ」と読ませる当て字。
他にも「限界」を「ドア」と読ませたり、こだわりがあって、
メッセージ性がとても強い曲です。
ここまでパワフルに煽られると、動き出さなきゃ!という気分になります。

Dim light, starlight
うってかわって、静かに優しい曲。
タイトルのように、照明を落とした状態で聞きたい、ムーディーな曲。
それでいてセンスあるビートとの融合は、さすがです。

Lady Butterfly
アーケードゲームの頭文字Dのエンディング曲。
アーケードの方は、エンディングまでノリノリです。
ド派手な迫力のあるビートで、カッコイイ!!

Love Addiction
スピード感がたまらない!
まるで音で体感するF1です。
スッキリ爽快な気分になれます。

蒼穹のflight
ゲームソフト「頭文字D EXTREME STAGE」に収録された曲のリミックス。
このアレンジだと頭文字Dとはまた違うイメージなのですが、
オリジナルも聞いてみたい!
リミックスだからなのか、歌詞の記載がないのです…。




Humanizer

Humanizer

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2009/01/21
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ホタルノヒカリ 13

ついに部長への気持ちに気付いた蛍。
やっぱりかー!って思うのですが、
自分の気持ちに鈍感なのも干物らしいところなんじゃないかと思うんですよ。
結構、自分のことはおいといて、強がっちゃうものなんですよ。

部長といえば、蛍の最高にリラックスした部分も知られつくしている存在。
あの姿が許されるなら、これほど楽な恋はないですよね。
許されればの話ですけどね。
だけど、それほどまでに身近な存在が、急に恋愛関係になる。
そう簡単に切り替わるもんじゃないんじゃないか!?
恋愛関係じゃなかったからこそ、あの心地いい関係が成り立ったのであって、
意識してしまうと、さすがの蛍もいつも以上に挙動不審になるよなぁ。

そんな中、お互いの過去と向き合う機会が同時に訪れる。
つまり、蛍にとっては、元彼のマコト。
そして、部長にとっては、元妻の深雪。
この4人が、何と一同に会してしまうことに!!

その前に、蛍が部長の元妻・深雪に遭遇してしまう。
それも何かの導きかとしか思えないような流れなのですが、
たまたま優香に紹介されたエステに行ったところ、
エステティシャンとして担当されることに。
その腕は確かで、まさにゴッドハンドの持ち主なのですが、
ここで読者にも初めて深雪の姿が明かされた!!

私の感想としては、意外!でした。
「部長と一緒にいて一番しっくりくる女性」って前触れがあったもので、
ついつい葵みたいな、バリバリなキャリアウーマンみたいなのを勝手に想像してたんですけど、
そんなの私の勝手なイメージに過ぎないよね。
実際の深雪さんは、ほんわかした小柄な女性で、ぽっちゃり。
部長はぼっちゃりさんの方が好みだったのですね。
これは蛍にもチャンスあるかも!?
まぁ部長の几帳面なところには、ちょっとユルイぐらいの人の方がいいのかもね。

そのエステ帰り、部長と深雪の再会現場を目撃してしまう。
尋常じゃなく動揺する蛍。
そして、部長が1週間の有休をとることを知る。
部長が有休をとってまで行く場所=沖縄。
そこは部長のお父さんだけじゃなく、深雪もいるところだった!
慌ててチケットとってまで追いかけていく蛍。
もう乙女だよ。

部長の目的を知る前に、沖縄で蛍は元彼・マコトに会ってしまう。
マコトは、別れの時に言えなかったことや今の気持ちを正直に伝える。
それに応じるかのように、蛍も今の部長への気持ちを打ち明ける。
この二人もきちんと終わってなかったんだな。
でも、これでやっと、綺麗に終わることができました。
恨んだりすることなくね。

そして、深雪から語られる真実。
部長とは初めて会ったときから、
なにも言わなくても通じ合えてた関係だった。
だけどお互い、そんな関係に甘えてしまい、
伝える努力をしなくなっていってしまった。
そうして、どこかで気持ちのすれ違いもできたのでしょうね。

部長も深雪に終わりをつけようとしていたのかもしれない。
そして蛍はついに…!?
最後まで読んだとき「キャー!」となったのですが、
衝撃の展開過ぎて、続きが気になります!!




ホタル ノ ヒカリ(13) (KC KISS)

ホタル ノ ヒカリ(13) (KC KISS)

  • 作者: ひうら さとる
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/01/13
  • メディア: コミック


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック