So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NIGHT FISHING

サカナクションの2枚目のアルバムです。
メンバーの出身地である北海道を拠点として制作した最後のアルバムとなり、
この作品以降は、拠点を東京に移して制作しています。
新しいサカナクションを提示しつつも、前回まで評価されてきた部分を失わずに、
よりポピュラーに制作するようにされたそうです。
商業的な面との兼ね合いで、対立が多い作品となったようでした。

ワード
冬の夜道を歩きながら聴いたら、泣けてくる曲を作りたかったが、
なかなかそんな気分にならなくて悩んでいた時、
「夜が僕らを試してるな」という歌詞が浮かんで、
その瞬間に曲の全体像が広がったそうです。
確かにとてもインパクトがあって、耳に残るフレーズです。

サンプル
まずメロディーと共に歌詞が出てきて、後はそのまま何も考えずに心象を吐き出していたら、
いつのまにか完成していたそうなので、完全に山口さんの頭の中の世界だと言えます。
アレンジも、サカナクションの自然体なアグレッシブさが露骨に出たようで、
サカナクション流のクラブロックです。
聴いてると、自然と身体が動き出すような感覚。

ナイトフィッシングイズグッド
タイトルが先にできていた曲だそうです。
一人で釣りをしていたら、物思いに深けてしまって、
けど魚が釣れて慌ただしくなってきたら、
最初に思っていた事の意味がポジティブに変わって来たという、山口さんらしい歌詞。
実は楽曲の長さが6分もある長編です。。
クラシック音楽の様式を取り入れています。
また、クイーンの楽曲のリフがそのまま使用されている部分もあります。

雨は気まぐれ
曲作りに追われて、部屋から一歩も出ずギターと対峙してばかりいた時に書かれた曲で、
雨が降っているのかどうなのかわからない日常に圧迫されながら書いた歌詞だったそうです。
でも、雨の日の気分転換にいい曲だな、と思ってます。

うねり
疲れすぎてゆっくり眠りたいなぁと思ってばかりいた時に書かれた曲だそうで、
どう休みたいかの憧れが歌になっています。
それもあってか、最終的にゆったりした感じに仕上がっています。
3拍子のゆったりしたリズム感が心地よくて、くつろいだ気分。
お正月休みが過ぎたばかりですけど、まとまってゆっくりできる時間が欲しいな(笑)

ティーンエイジ
大人になってきた気がした時、失ったものは一体なんなのか
言っておかなきゃならないなぁと思って書いた曲だそうです。
けど、山口さん曰く、まだ言い足りないそうな。
そうなかなか言い尽くせないテーマですよね。
後半インストになるのは、言葉じゃ言い表せられないティーンエイジャーの鬱屈は、
音で表現するべきだと思ったから、と。深い。

哀愁トレイン
「ティーンエイジ」とはちょっと違う青春の曲で、
実家へJRで帰っている途中にふと歌詞が浮かんで生まれた曲だそうです。
当初は家出した少年の曲を書こうと思っていたのだけど、
家出をした事がないから書けなかったなんて、かわいらしいエピソードもあったり。
同じ青春の曲でも、「ティーンエイジ」は内向的な気持ちに向かっていくのに対し、
こちらは実際に行動にうつすという面で、外に向いている曲だと思う。

新しい世界
旅に出たくて出たくてうずうずして、ふて腐れたり一人遊びでごまかしたりしていた時に書いた曲だそうで、
知らない事を知りたいという欲求を歌にぶつけています。
未知の新しい世界をのぞくには、旅が一番です。

アムスフィッシュ
曲作りの為に、山の中の一軒家に一人で籠もっていた時に書いた曲だそうです。
「アムステルダム」という歌い出しは、コードと一緒になぜか出て来たそうですよ。
何だか不思議な趣のある曲で、ついつい聴き入ってしまいます。



NIGHT FISHING

NIGHT FISHING

  • アーティスト: サカナクション,サカナクション,山口一郎
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

GUILTY

この年は、あゆにとって楽曲制作がおぼつかなった年だそうで、
このアルバムのコンセプトも決まらないままだったそうです。
そういう意味で、「Duty」の頃の突っ走り方と似ていると語っていて、
だからなのか、今回もジャケットではヒョウ柄をまとっています。

Mirror
ワンコーラスのみの収録ですが、後にフルコーラスにアレンジされ、
デビュー10周年記念シングル「Mirrocle World」として発売されました。
ワンコーラスだけなんですが、ものすごく訴えかけるものがありまして。
あゆが歩んできた10年、それは本人が想像したものになったかどうかはわからないけど、
ただひたすらがむしゃらに突っ走ってきたんだなっていうのが伺えます。

(don't) Leave me alone
すごく孤高の強さを感じる曲ですが、
だけどその奥には孤独への不安もある。
よくこのブログでも言ってるような気がするけど、
孤独と孤高は違うのです。
私が目指してるのも「孤高」。
だから、あゆの気高いオーラには憧れます。
女性ダンサーを引き連れるPVにもそんな雰囲気が表れてますね。

talkin' 2 myself
いろんな情報や誘惑が溢れてる時代で、
本当に何を信じて生きていけばいいのかわからない。
だけど結局、どんな選択をして決断していくかは、自分の心なんだ。
時には既成概念や固定観念なんかも破壊する。それは創造の原点。
新しいことを始めるためには、捨てなくちゃいけないことだってあるのです。
そうまでする価値があるか、その勇気を持てるか、
それはじっくり自分と向き合ってみればいい。
PVはずぶ濡れ、泥だらけになって、這いつくばっても立ち上がって歌う姿が印象的です。

decision
固い信念に貫かれた曲で、これが覚悟というものだと思います。
あゆが選んだのは、もう引き返せない道。
だから彼女は振り返らない。
常に前に進むことを考えてるんだと思う。
10周年という節目の年だけど、振り返るというよりは、
ここからまた新たなスタートを切るんだな、という感じがしました。
PVではおなじみのバンドメンバーとの、パワフルな演奏場面が見られます。

GUILTY
こう言われてしまうと、これ以上語らない方がいいのかな、という気がするので、
多くは語りません。
アルバムタイトルの曲なので、これが彼女のメッセージなのかな、とは思います。

fated
運命という、とてもロマンチックでドラマチックな世界観そのものです。
それがそのままPVで表現されてます。
両A面の「glitter」とあわせて「距愛」というショートムービーになってまして、
女優あゆが観られます。
歌姫あゆとイケメンボディガードとの恋。
その運命的な出会いの結末は…!?

Together When...
悲しさや悔しさがストレートに入ってくるので、泣けてくる。
生まれ変わってやり直したいことがたくさんあるよ。
悔いのない人生って難しいね。
だけど終わりがよければ、そんな気持ちもリセットされるのかな?なんてこの頃は思う。
PVはバラードらしく、あゆがベンチで口ずさむ穏やかなものだと思っていたら、
あゆの人形が壊れるっていう衝撃の一幕が!!
ここにいろんな心の葛藤の爆発が表されてるんですね。

Marionette
ネジを巻くオルゴール音のインストから続いて流れます。
ねじ巻き仕掛けのマリオネットが踊るような3拍子のメルヘンな世界観が好みです。
だけど強い意志があって、ロックと融合しているところも好き。
私はすごく不器用だから、仮面をつけたまま生きることなんてできない。
そんな気持ちが、自分の意思では動けないマリオネットとすごくシンクロします。
PVではあゆとダンサーたちが、リアルにマリオネットになって、曲の世界観を表現します。

glitter
毎年恒例の夏ソング。今回はキラキラ輝く夏。
前述の「距愛」のショートムービーの前半部分で流れます。
あゆ扮する歌姫と香港の俳優ショーン・ユー扮するボディガードが出逢うところ。
あゆのゴージャスなオーラがこの曲とピッタリです。
また、撮影場所が香港だったというのも似合っていて、
夜景などの映像も綺麗でした。

MY ALL
今まで共に過ごしてきたファンや仲間たちへの想いが伝わってきます。
私もいろんな場面であゆの曲に支えられてきたけど、
あゆにとっても、そういう周りの人たちが支えになってくれてたんですね。

untitled ~for her~
実はこのアルバムは、あゆにとって最愛の女性が亡くなってしまい、
その方に捧げるアルバムだったのです。
この曲はその彼女へ捧げる曲。
あゆの率直な想いが伝わってきて、軽々しく口ずさんだりしちゃいけないなって思いました。



GUILTY(DVD付)

GUILTY(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/01
  • メディア: CD


収録曲を見る


タグ:浜崎あゆみ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽