So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アヒルと鴨のコインロッカー

椎名という大学生の「現在」の物語と、琴美という女性の「2年前」の物語が、
交互に語られる、カットバック形式の小説です。
当然ながら、2つの物語は無関係ではありません。
厳密に言うなら、「2年前」の物語がメインで、その物語の終わりに、椎名が途中参加している。
「ラッシュライフ」の時もそんな感じでしたね。
自分の人生では自分が主役だけど、誰かの人生では、自分が脇役になるって。
今回もそんな風に、最初はわずかな共通点から、徐々に2つの物語の繋がりが明らかになっていき、
「現在」と「2年前」の間を翻弄されながら、読み進めていくことになるのです。

「2年前」…
市内では、犬や猫がたくさん殺される事件が相次いでいました。
ペットショップ店員の琴美は、どうしても許せなかった。
ところがひょんなところから犯人グループに目をつけられ、逆恨みされてしまう。
たくさんの犬や猫が痛めつけられる描写は本当に耐えられなくて。
この本が発売された当時は私も猫を飼っていませんでしたが、
今となっては2匹の猫の飼い主なので、読んでいて本当に辛い。
野良だけじゃなく、飼い犬や飼い猫も狙われはじめ、
あちこちの家庭から連れ去られ、酷い方法で殺害されて、捨てられているとか。
もし我が家の猫たちがこんな目に遭ったら…と思うとゾッとするどころか、
気が狂ってしまうに違いない。

さて、琴美には、支えになってくれる人たちがいました。
一番の支えとなったのは、キンレィ・ドルジ
ブータンから来た留学生で、琴美の交際相手。
見た目はちょっと色の黒い日本人という感じですが、
思想や文化は全く違います。
だけど、この日本人にはない思想こそが、琴美の助けになり、刺激になったに違いない。
一番大きなものは、死生観。
生まれ変わりを信じるブータン人は、死を悲しいものとは思わないのです。
だからブータンにはお墓がなく、埋葬の習慣がない。
通常は水葬か火葬ですが、変わったところでは、鳥葬なんていうのもあるそうです。
これが琴美にはとても興味深いものだった。
悪い奴らとか、みんな鳥に食わせちゃえばいい。
これは間違いなんですけどね。
鳥葬は殺す手段ではなく、死んだ人の葬儀の方法だから。

ブータンは最近になってやっと日本でも「幸せの国」として有名になりました。
それまでは得体の知れない国だと思って、身構えてしまっていたのかもしれない。
日本人はどういうわけか、外国人との付き合い方が苦手な人が多いのです。
語学の問題があるのかな。
英語が喋れないからうまく付き合えないのか、
はたまたもともと外交的でない国民性だから、英語力が伸びないのか。
かく言う私もあまり英語を積極的に学ぼうとはしていません。
学校で習う程度は修得していても、それは決して生きた英語じゃない。
だからお互いに積極的にコミュニケーションをとる琴美とドルジには尊敬します。
琴美の英語力もスゴイけど、ドルジも一生懸命日本語を覚えようとする。

語学力というのは知識や論理ではなくて、音楽的な能力に近い、と琴美は思っている。
確かにそうかも。
いくらテキストの文章を読んでいても、耳で聞いて、口で唱えなければ、生きた言語は身に着かない。
私みたいな、「英語読めるだけ」人間になっちゃうよ。

かくしてドルジは、日本語を勉強して、完全に日本人になりきろうとする。
そもそも、ブータンで使っているゾンカ語は、日本語の源流かもしれない、と言われているくらいで、
日本人になる素質は十分にあります。

そのドルジに日本語を教えていたのが河崎。
一時は琴美と付き合っていたこともあります。
容姿に恵まれ、世界中の女性を自分のものにしようとする野望を抱いていました。
「もし、性的なものに真っ向から抵抗する男がいたら、やっぱり馬鹿だな、と思う」とまで言ってのける。
…いましたよね。過去作に。重力ピエロの春が。
ただしそれが仇となり、HIVウイルスに感染してしまう…。

そんな河崎はブータンに行ったことがあり、いい国だと言っていた。
ブータンが「幸せの国」だと言われるのは、宗教の力が大きいと思うのです。
仏教の国であるブータンは、その思想が若者までしっかり浸透している。
上述の生まれ変わりの思想もそう。
「悪行を積むと、いつかしっぺ返しが来る」
善いことも悪いことも、やったことは、全部自分に戻ってくる。
今は違っても、生まれ変わった後で、しっぺ返しがくる。
いわゆる因果応報。このシンプルな思想で、道徳が成り立っている。
日本人は報いをすぐに欲しがるけど、ブータン人は今じゃなくても良い。
生まれ変わった後に、それが返ってくるかもしれない。
だからブータン人は大らかで、この思想が幸福感を生み出しているとも言えるのではないか。

でも、善悪ってはっきり割り切れないことがある。正当防衛とか。
これに対して、琴美は面白い見解を示していました。
「神様には見て見ぬふりをしてもらえばいい」
ここで言う神様が何を指すのか、ピンと来ないけど。
だから代用品を使う。儀式とはそういうもの。

最後に忘れちゃいけないのが、琴美が働くペットショップの店長、麗子さん。
この人も琴美たちの物語を外から眺めながらも、2年前から現在に繋げるキーパーソンです。
表情のなさから感情がなかなか読み取れないのですが、
よく人のことを見て、起きている事柄を分析して、含蓄のあることをたくさん言ってくれるのです。
河崎が感染したHIVに関しても、避妊具だけで防げるのに感染してしまうのは、危機意識が薄いからだと。
自分だけは平気だという甘えがあったからと言い放つ。
かといって河崎を見捨てたわけではなく、河崎のことを心配していた。
きっと彼は、「他の女に感染させてしまったかもしれない」という恐怖に怯えているのではないか。

ここまで、琴美・ドルジ・河崎の「二年前」の物語を語ってきましたが、
それが2年後=「現在」の椎名にどうつながっていくのか。
3人と麗子さんはどうなっているのか。
椎名と琴美、交互に語られる物語が、徐々に一つの時間軸に収束されていくのは快感です。
しかも、各章の冒頭と終わりの文章が、「現在」と「二年前」で見事に対になっているのには圧巻です!


人間よりも動物の方が好き。
そういう人たちがこれまでの作品でも数々登場してきました。
陽気なギャングシリーズの久遠とか。重力ピエロの春も割とそうか。
中でも琴美はペットショップで働いているだけあり、その最たる人だったに違いない。
河崎も意外と、この類の人だったようです。
ちなみに147ページで、
「どういうわけか、シンナーの匂いがした。この近くに、壁に落書きをする人間でもいるのだろうか」
とあり、重力ピエロの春の気配が漂っています。

他にも他作品とのリンクはあって、椎名の叔母は、陽気なギャングシリーズに登場する祥子。
となると、その夫の響野は、椎名の叔父ということになります。
なんて世間は狭いんだ(笑)

伊坂作品では、音楽との関係があるもの多いのです。
この作品の場合は「ボブ・ディラン」。
折しも今年ノーベル賞を受賞しましたが、
ちょうど読み返していた私は、何とタイムリーな!と思ってしまいました。
作中で河崎は、ボブ・ディランのことを「神様の声」と評しています。
人を慰めるような、告発するよな、不思議な声。
ちょうどテレビから「風に吹かれて」が何度も流れてくる度に、耳を傾けていました。
そしてこのボブ・ディランが、物語の中に椎名を巻き込むきっかけになるのであり、
大事な役割を果たしているのです。

アヒルと鴨は似ているようで全然違う。
ざっくり言えば、アヒルは外国の鳥で、鴨は日本の鳥。
それはさながらドルジと琴美、またはドルジと椎名を指しているようで、
絶妙な表現だと思いました。
じゃあ「コインロッカー」は…と言うと、これもちゃんと作中に出てきます。
なるほど!と脱帽しきりでした。

理不尽なことに見舞われた時、その怒りや不安や恐怖をどうやり過ごしていますか。
琴美みたいにバッティングセンターに行くのはわかりやすい例。
動物園もいいなって思う。
動物たちの姿をのんびり見てると、確かに社会の喧騒を忘れられる。
でも一番の理不尽な目に遭ってるのは、そうやって柵に囲われてる動物たちじゃないかって。
河崎の夢のように、動物を逃がしてやった方がいいんじゃないか。

とまぁ、色々と考えさせられる作品ではあったのですが、
個人的にこの作品は、伊坂作品の中では珍しい悲劇の部類に入るんじゃないかと思います。
だけど、それをただ単に悲しいと思いながら読むのは違うんじゃないかな。
それこそ生まれ変わりという思想があったり、使命感があったり、
捉え方によって、今ある生のあり方が変わってくる。
遺された者にとっても、弔いの仕方に影響が出てきます。

現在の椎名にとっては突拍子もないことが次々と起きてくるけど、それら全てに意味がある。
全てが繋がった時、心に得られるものがあるはずです。



アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2006/12/21
  • メディア: 文庫


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ホタルノヒカリ 7

前巻で部長の意味深発言(?)にドギマギしていた蛍。
ちょうどその頃、部長の住んでるマンションの部屋が水漏れ被害に遭い、
修復されるまでの期間限定で、部長が蛍の家に戻ってきます。

こうして再開した部長との同居生活。
だけど、部長の態度がどこか変。
ガラにもなくワガママっぷり全開で、まるで王様と下僕のような関係に。
部長の言い分としては、「蛍が望んだ同居」だから。
もともと部長の家だし、蛍としては当然の権利のつもりで提案しただけなんだけどねぇ。
でも、こうなるのも部長がリラックスできてる証拠だし、
この二人はやっぱりこうじゃないとね!

そんな蛍は、重大な問題に直面しているのでした。
それは、前巻から読者を騒がせている結婚フラグ問題。

マコトが2週間ぶりにNYから戻ってくる日。
てっきりプロポーズされると思いこんだ蛍は、
それらしい格好をして空港に迎えに行く。
ところが、ドラマでよく見るような展開には全くならず…。

すっかり肩すかしをくらい、モヤモヤが収まらない蛍は、
優子に紹介された「よく当たる占い師」のもとを訪ねることに。
よく考えたら占いって統計なんだよね。
20代後半になると「彼が年下」の確率は高くなるし、
27歳の彼氏持ちの女性の恋愛の悩みはほぼ「結婚問題」です。
そこに、人がたいがい思っているネガティブな内面を引き出してあげれが、
それらしい占いが成立するのでしょう。
世の中の占い師が全員こうだとは言わないけど。
綿密な計算をされているものであれ、こういうカラクリであれ、
いずれにしても根拠となる理論があるわけで、
しっかり勉強しないと占い師もできないなぁと、妙なところで感心。

そんな占いを真に受けて、屋根裏部屋にサーモンをお供えする。
占い師いわく、ロシア人の漁師の呪いがかかっているとか。
そして、吉方向の「結婚」を連想させる場所で、「結婚」を連想させる装いで、
彼からの決定的な一言を引き出させる、と。
これまた占いでよくありがちな台詞です。
もちろん鵜呑みした蛍は、ウエディングドレス店などが立ち並ぶ場所で、
マコトからプロポーズの言葉を引き出させようと足掻くが、全く伝わらず。
しまいには、誰かの結婚パーティーのリサーチかと思われてしまう。
こうして一世一代の(?)プロポーズ大作戦は、見事に惨敗するのでした。

家に帰ってすっかり落ち込んだ蛍を立ち直らせるのは、部長の役目。
屋根裏にお供えしたサーモンについて激怒しながらも、またいいこと言ってくれるのです。
見えない将来より、今目の前で、自分でもいいって言ってくれてる彼を大事にしたほうが得策なのでは?と。
そりゃそうなんだけど、年齢的に焦っちゃったんだよね、きっと。

それからは結婚フラグだとか、プロポーズ大作戦だとか、そういう打算的なものは無しに、
マコトと向き合うことにしたのですが、ここにきてマコトから実家に誘われる!
またしても結婚フラグ再び!!
どうしてこんな時に。これほどまでに天然ボケなマコトに、私は苛立ちを覚えました^^;
(実は天然ボケが苦手。ましてや男の天然ボケなんて、尚のこと)

というわけで、いざ、マコトの実家・札幌へ!
優子曰く、今回の旅で蛍がやるべきことは、
①手嶋家の嫁として合格ラインのふるまい
②手嶋家の中での素のマコトを見極めること!

マコトの家族構成から紹介しておきます。
双子の姉はイラストレーターにブティック店長。
母は離婚後も3人の子供を育て上げ、今も現役の書道家という、
超アート&ハイセンス家族なのです。
この構成からして、とても一般家庭と同じような暮らしや考え方をしているとは、
想像できないのですが…。

早速、イラストレーターの姉のギャラリーに行ってみると、
思い通りに行かず悩む姉の姿が。
それがまたあまりに激しく、まるで駄々っ子のよう。
いきなりアーティストにありがちな気難しさに遭遇してしまったのでした。
その後、何とか騒動は収まり、夕飯にお呼ばれする。
雑誌の「結婚できる女マニュアル」に載っていた手料理を披露した蛍は、
どうにかその場を切り抜けました!
…かに見えたものの、もっと根本的なところに問題があったようで。

翌日は、書道家であるお母さんの工房へお邪魔することに。
ここでも芸術家気質の洗礼を受け、顔面に大量の墨を浴びてしまう…。
作品に取りかかるとつい周りが見えなくなってしまうのは、マコトにも遺伝しているようです。
でも、その甲斐あってか、温泉でお母さんとじっくり語り合う機会ができました。
何気に計4回も離婚歴があるお母さん。
いろんな事情はあるんでしょうけど、子供時代に振り回されたのがトラウマなのか、
二人の姉は恋愛にも結婚にもドライになってる。
マコトはといえば、恋愛に夢見がちで突っ走りがちなのは母親似だけど、
結婚に夢を持ってないのは姉たちに影響を受けているのではないかと。
だから、マコトともっとよく話し合った方が良いのでは!?

そういえば確かに、今まで蛍側の妄想や思いこみにすっかり惑わされてたけど、
実はマコトの真意って語られてなかったんですよね。
そこで、勇気を出した蛍は、ストレートに問いかけてみると、
答えは案の定、「母や姉の影響かもしれないけど、結婚ってイミがあるコトなのかよくわかんない」

これは私はよくわかる。
ウチの母の離婚歴は2回だけど、それでも十分、結婚に対する価値が見い出せなくなったもん。
それに繋がる恋愛も同じ。
だからマコトのお姉さんたちとスタンスが似てるかも。
でもマコトみたいに、結婚する気なくても、恋愛だけは突っ走るって、それは罪じゃないかな。
少なくとも、相手も同じ価値観の人じゃなかったら、残酷だよ。
この発言も、ちょっとしたカラクリがあったんですけどね。それはまた次巻。
というか、かなりハラハラな展開で次巻へ続くので、居ても立ってもいられません!


ホタルノヒカリ(7) (Kissコミックス)

ホタルノヒカリ(7) (Kissコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/12/13
  • メディア: Kindle版


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

大奥 2

前巻で男女逆転をしていることに違和感を覚えた吉宗は、
御右筆の村瀬を訪ね、こうなったいきさつを知ることになる。
この2巻からは、大奥の誕生からを辿っていくことになります。

男女逆転とは言っても、2代将軍・秀忠までは男性。
3代将軍・家光も当初は男性でした。
ところがその家光も、赤面疱瘡で亡くなってしまう!
必死になった春日局は、家光の死を隠し通すことにしたのです。

家光が男色だったのは有名な話ですが、
そうなると跡継ぎは望めないと思わていました。
ところが、たった一人、血の繋がった子がいたのです。

ある夜更けに、夜歩きをしていた家光が、
たまたま見かけた町娘を襲った。
その時、身ごもった娘がいたのです。
全ては春日局への反抗心から起きた痛ましい事件でしたが、
春日局はこの際、徳川家の血が繋がることに喜んだ。
というよりも、春日が溺愛した家光の血筋を残したかったのだ。
よって、主治医を口封じに殺し、家光の死は伏せられ、
かわりに春日の実の息子である稲葉正勝が亡くなったこととした。

家光が町娘・お彩に産ませた子は娘で、名は千恵。
嫁にも行けなくなったお彩は娘を連れて、江戸城に身を寄せており、
城内に小さな屋敷と乳母を与えられて、静かに暮らしていました。
ところが、家光の死を受け、千恵は春日局のもとに連れて行かれることに。
お彩と乳母はやはり、口封じに始末されてしまいました。

春日のもとに連れてこられた千恵の役目は、将軍のかわりとなること。
そのために髪を切られ、男の姿をさせられることに。
でも千恵はわかっていました。
自分は、徳川の血を繋ぐための、借腹でしかないと。
以降、家光とは、成長した千恵のことを指すことにします。

それから6年後…。
慶光院新院主の跡目相続の御礼に江戸へやってきた万里小路有功。
将軍との謁見を済ませたらすぐに京へ戻るつもりだったが、
何故か許してもらえず、江戸にしばらく逗留するよう勧められる。
丁重に断る有功だったが、春日局にお金まで積まれて、引き留められてしまう。
かといって自由に江戸を見物できるのかと思えばそうではなく、
屋敷の中で過ごすよう命ぜられるので、ますます訳がわからない。
そのまま何もお達しがないままで4日が経った頃、
春日局から衝撃の発言が飛び出す。
江戸で還俗し、将軍家光公のお小姓となるのだと。
つまり、大奥入りを命ぜられたということ。
あまりのことに声も出ない有功。
しかし手回しの早い春日局は、吉原から遊女を呼び寄せ、
有功に女犯の罪を犯させて、無理やり還俗させようとした。
魂胆がわかってしまった有功は頑なに断るが、
お付きの明慧という坊主と、一人の遊女が斬られてしまう。
命を救えなかったことによる罪悪感から、結局、残りの遊女の一人と一夜を共にした。
朝が来て寝所から出てきた時の「髪をのばすぞ」と言ったその表情が、
何とも言えず絶妙な表情でした。

それから半年。
慶光院の拝領屋敷から田安台の御用屋敷に移された有功は、
玉栄とともにただひたすら髪を伸ばして、登城の日を待った。
玉栄は、亡くなった明慧とともに有功に付き添ってきた小坊主で、
部屋子として有功とともに大奥へ入ることを許されました。

そしてついに将軍と対面した時、有功はその姿に唖然とする。
将軍・家光とは、男性の形をした、少女の姿だったのです。
違和感を覚えた有功は、全てを知ることになるのです。
・本来の将軍・家光は亡くなっており、娘の千恵が代わりをしていること。
・その将軍、ひいては徳川家を守るために築かれたのが大奥であり、若い男たちが集められたこと。
その大奥へ連れてこられた有功の役目とは、家光との間にお世継ぎをもうけるという、いわば「種」。
全てを知ってしまったからには、有功は二度と、大奥の外には出られなくなりました。

そうとなっては、有功は大奥の数あるしきたりに従うことになり、
それらの案内役として、村瀬正資がつくことに。
1巻で年老いた御右筆として登場した人の若かりし頃です!
早速、京言葉を改められるよう言われる。
その後も、男の園で、数々の嫌がらせに遭遇します。
男の方が、立場にこだわったり、プライドがあるから、こういう権力争いは厄介かもしれませんね。

そんな仕打ちにも耐えながら過ごしていると、家光が有功に猫をプレゼントする。
若紫と名付けられた猫は、有功に大変可愛がられ、それがキッカケで家光との距離も近づいていきます。
ところがそれを妬む者たちもいて…。
快く思わない玉栄は、猫をつかって復讐を果たす。
それは猫殺しの濡れ衣を着せること。
将軍ご拝領の猫となれば「お猫様」と呼ばれ大切に扱われるが、
その「お猫様」が斬り殺されたとあっては、大変な重罪です。
玉栄のことを痛めつけた御中臈の一人、角南重郷を葬ることに成功する。

この場面を読んで、無類の猫派である私は怒り爆発!!
いくら何でも、罪のない猫の命を奪うなんて!!
玉栄、それでも元坊主か!!
「手討ちにしてくれるッ!!」て家光の台詞と、私の心の叫びがシンクロした瞬間でした。

若紫を弔う墓の前で、有功は家光の心の傷に触れることになる。
さすがの元坊主である有功は、弔いの心得を知っております。
弔いというのは、残された者が気持ちの整理をするためにあるものだと。
念仏を唱える間しばし心を落ち着け、失った者を思い出してはまた念仏を唱える。
そうするうちに人は、少しずつ悲しみから立ち直ってゆく。
だけどそれも綺麗事だと家光は一蹴する。
念仏を唱えたところで死んだ者は帰ってこない。
だから家光は、念仏を唱えるくらいだったら仇を斬る。
仇がいない場合は、手近にいる者を斬ればよいというのが、家光の考え。
この考えにより、家光が江戸の女たちの髪を切ることで憂さを晴らしていたことに思い当たる。
当時、江戸では若い娘の髪を切り奪っていく通り魔のような侍が横行していました。

人はみな、自分でもどうにもならない運命を受け入れて生きている。
それは家光も同じ。
こうしてお互いの傷を慰め合うように、身を寄せ合った二人なのでした。

ところで、そもそも大奥とは、どうして始まったのか。
もちろん、もともとは赤面疱瘡で亡くなった家光のためにつくられたものではありましたが。
その考えのもとにあるのが「七色飯」。
亡き家光は幼い頃から病弱で食が細く、春日は朝飯を七種も用意した。
それだけあれば、気に入って食べてもらえるものがあるだろうと。
大奥の原理もそれと同じ。
これだけ数多の女性を集めれば、男色好みの家光にも、一人くらいはお気に召す女がいるはずと。
これだけ単純な構造のものが、どれほど多くのドラマを生むかと思うと、末恐ろしくなります。



大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))

大奥 (第2巻) (JETS COMICS (4302))

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2006/11/29
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック