So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Devil May Cry Dangerous Hits

ふだんゲームはほとんどやらないんですけど、
唯一面白そうだな、と思ったのが「デビルメイクライ」シリーズ。
スタイリッシュアクションというジャンルで、
映像も音楽もとにかくカッコイイ!
映画のようなストーリー性もあって、
「バイオハザード」シリーズのように、ハリウッドで実写映画化してほしい!と、
常々思っております。

じゃあ実際にゲームをプレイしたのかというと、
プレステ本体を持ってないのでやってないのです。
なので、トレーラーとか上手な人のプレイ動画なんかを見て楽しんでます。
きっと私がやったところで、ダンテをカッコよく動かせないだろうしね。

そんな私にうってつけだったのが、このサウンドトラック。
デビルメイクライ1~3から厳選されたBGMがつまったベスト盤です。

何分実際にプレイしてないので、ゲームのシステム的なところはわからないのですが、
ストーリー中心に3作を振り返ってみます。

【デビルメイクライ】
遥か昔、正義に生きる悪魔の伝説があった。
剣を取って戦い、悪魔の侵略を退けた魔剣士。
その伝説も、やがて人々の記憶から消えて行った。
だが2000年の時を経て、魔界はより強大になって甦る。
再び訪れた人類の危機に一人の男が立ち上がる。
伝説の魔剣士の血を引く悪魔狩人(デビルハンター)、その名はダンテ!

とまぁ最初の作品なのでキャッチ―でとってもわかりやすいストーリー。
プレイヤーはダンテを使ってプレイしますが、
それこそ上手くスタイリッシュにプレイできたら、本当に映画のように仕上がると思うのです。

戦闘シーンではクールでスタイリッシュな音楽が流れるのが新鮮。
ボス戦ではより激しく、ボスキャラのスケールが表現されています。
そうかと思えば、時空神像の音楽は神秘的なものが流れて、
どこかゴシックな舞台を思わせる。
ダンテの母「エヴァのテーマ」はとても優しい曲で、
息子を想う母の気持ちが切々と伝わってきます。
それは二人の息子に、強く健やかに育ってほしいという願い。
エンディングでは、リズミカルな曲からエヴァのテーマへと旋律が移ります。
まるで映画のエンドロールみたい。
このエンディングに入る時の、ダンテとトリッシュのスタイリッシュなやり取りが大好きです。

【デビルメイクライ2】
かつて悪魔とそれを阻止するものの壮絶な戦いが繰り広げられた島、デュマーリ。
アリウス率いる国際企業ウロボロスが、再びその地に暗い影を落としていた。
島の祭祀長(護り手)であるルシアは、アリウスの不審な動きを追うが
悪魔の群れに取り囲まれてしまう。
絶体絶命のピンチに陥ったルシアの前に、突然現れた謎の男。
巨大な魔剣を軽々と振るい、二丁拳銃から霊気を帯びた弾丸を放って、
群がる地獄の魔獣どもを次々と狩っていくその男こそ、
”悪魔も泣き出す”最強のデビルハンター、ダンテ!

2作目の最大の特徴は、ダンテとルシアのどちらでプレイするか選べること。
おかげで女性にも親しみやすくなったかな?
ファッションブランドのディーゼル社とコラボしたりして、オシャレな印象がありました。
ストーリーは若干複雑になりましたね。
だけど2作目になる時に映像技術がすごく進化した気がするのですが、
3作の中で、2作目のダンテのビジュアルが一番かっこいいと思います。

戦闘シーンはクールでスタイリッシュな曲が流れるのは変わらないのですが、
ダンテとルシアと、主人公が二人いるので、音楽にもその差別化が計られていました。
基本「ダンテは熱く、ルシアは淡々と!」という概念だったようなので、
ルシアの戦闘曲は基本シンセで作られていたりします。
また、ストーリーの中で、ルシアの心の揺れ動きを表した音楽も作られていて、
それがまたすごく繊細なメロディで、ストーリーにも引き込まれます。

【デビルメイクライ3】
正義に目覚めた魔剣士スパーダが、魔界を封じ込めてから二千年。
悪魔退治を請け負う便利屋を開業しようとしていたダンテの前に現れた、謎の男。
「君の兄から招待状を預かっている」
そう言い残し男が消えた後、現れたのは無数の悪魔だった。
襲ってくる悪魔を一掃し店を出たダンテは、そこで驚くべき光景を目にする。
街の地下からせり上がる、巨大な塔。
そして禍禍しいその塔の上でダンテを見下ろす男こそ、
ダンテの兄...バージルだった。
すべてを明らかにするため、ダンテはその足を塔へと向ける!

こちらは時間軸的に1作目よりも前のストーリーなので、とにかくダンテが若い!
血気盛んでやんちゃなダンテ、発言も挑発的です。
いかにスタイリッシュに敵を倒すかに最も重点を置いた作品。
音楽もラップを使ったりと、よりスタイリッシュになりました。
このテーマソングは、何度もトレーラーを見たので、すっかり耳についています。
バージルとの兄弟対決というのが大きなテーマになっていて、
最終的には壮大なクラシックの中で戦うという、何という荘厳で神聖な戦いなんだ!
クラシックとロックとラップが融合する、音楽的にも新たなスタイルを確立した作品だと思っています。


余談ですが、ボーナスディスクとして8cmCDが付いているのですが、
機材が無いので、購入してから一度も聞けていません。
どうにか音源を取り出す方法はないのでしょうか。

<参考動画>




デビル メイ クライ デンジャラス・ヒッツ

デビル メイ クライ デンジャラス・ヒッツ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/09/27
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

PARADE

今までのスガさんらしいエッジの聞いた曲から、
聴きやすいキャッチ―な曲まで、バラエティに富んだアルバム。
数々のタイアップ等により、依頼されなければ作らなかったであろう曲があったりして、
なかなか新鮮です。
おかげでファン層も広がったんじゃないかな?なんて思ってみたり。

奇跡
2005年の高校野球中継の統一テーマソングでした。
それにちなみ、「夏の甲子園では奇跡が身近にある」ということをヒントにして書いた曲だそうです。
疾走感を出したくて、なんとスガさん史上最速のテンポで作られています。
歌ってる感じはそんな風に聞こえないんですけど、ギターが速い。
確かにこんなに速くギター弾いてるの、聞いたことないかも。歌だけじゃなくそこにも注目!

19才 
アニメ「xxxHoLiC」のオープニングテーマでした。
この作品、CLAMP原作の漫画なのですが、非日常的な独特の世界観で、
人間の内面を描くあたり、私好みです。
このブログでもレビューを書いてる「蟲師」に近い感じかな。
原作漫画も読もうと思ったのですが、気づいた時には
すごい巻数に進んでしまっていたので、断念しました。

で、この曲について。
スガさんが大学に落ちて苦い恋愛体験をした19才の時の気持ちを書いたそうです。
なので、どことなくリアルで生々しい。
PVの方がまた衝撃で、モザイクがかかっていたり、放送できないシーンがたくさん。
19才の男の頭の中って、こんな風に鬱蒼としてるものなんだろうな、とも思いました。

38分15秒
具体的な数字を入れると具体的になって、よりリアルになりますよね。
この「38分15秒」って、恋人との通話記録なんですけど、
その会話とかやり取りの内容が生々しい歌詞になっていて、面白いなって思いました。

斜陽
太宰治の代表作と同じタイトル。
スガさんにしても、ポルノの晴一さんにしても、太宰治は人気がありますね。
ふたりとも小説のような歌詞を書くところが似てるかなって思ってたんですけど、
太宰の影響もあるのでしょうか。

夏蔭~なつかげ~ 
こちらも甲子園がらみの曲ですが、後にハチクロのアニメにも使われていました。
亀田誠治さんプロデュースなので、今までの曲からしたらちょっと異質に感じるかも。
亀田さんらしくポップに仕上がってるからなんですよね。
私にとっては東京事変とか、他のアーティストの作品でもおなじみの亀田さん。
亀田さんはイントロを大事にされるそうで、確かに他の方の楽曲でもそう思うことはあります。
逆にスガさんの場合はイントロがシンプルだったりするので、そのあたりも新鮮。

甲子園番組のエンディングテーマということで、試合が終わった後のグラウンドに映えそうです。
甲子園で球児だけじゃなく、応援する家族や友人、グラウンドに立てなかったメンバーなどなど、
いろんな人の想いがあって、ドラマがあると思うんです。
そういうのが全部、走馬灯のように流れていきそうな曲。

タイムマシーン
自由設定で過去の失敗にもし戻れるとしたら、どうするだろう?
本当、やり直したいことなんていっぱいあるからね。
でも「もう今には戻れない」って条件なら、幼稚園児の頃からやり直したいな。
そんな、やり直しがきく将来なんてどうかなっていう話ですけど。
スガさん、大丈夫ですよ。
私が調べたところによると、タイムマシーンはまだまだ実現不可能だそうですから。

Rush
何をそんなに焦っているのかと思えば、
なんと「不幸の手紙」を手に入れようとしています!
ご丁寧に、歌詞の中に宣伝文句まで入ってます。
こういう遊び心、大好きです。
ちなみに、歌舞伎町で手に入るそうですよ。
売り切れる前にすぐに行ったほうがいいそうです(笑)

Hop Step Dive
悲しみとか後悔とかすごくいっぱいあって、
忘れてしまいたいことなんて、本当にたくさんあるんだけど、
この曲聞くとすごく救われるのです。
こういう時、歌は最高の処方箋だと思うんですよね。

真夏の夜のユメ
映画「デスノート」の挿入歌でした。
このブログでもおなじみの作品「DEATH NOTE」とスガさんの組み合わせは、
私にとっては嬉しい限り。
PVも、スガさんがギターを弾いているシーンと、「デスノート」のシーンで構成されていて、
完全なるコラボです。
「デスノート」の世界観と、スガさんのソウルがこもった世界観って、
ぴったりだと思うんですよね。

この曲のタイトルは、シェイクスピアの「夏の夜の夢」からつけられました。
シングルの発表時期としてピッタリ。
壮大なバラードの曲調は、ファンタジーな印象すら感じさせます。

7月7日
キーが高いので、スガさんの声がいつもより甘く聞こえます。
アコースティックギターとチェロに、スガさんの歌声だけという、
ものすごくシンプルな編成で、まさに弾き語り用の楽曲という感じですね。
七夕の星空の下で、織姫と彦星に思いを馳せながら聞くといいんじゃないでしょうか。

午後のパレード
聴いてるだけで楽しくなって、踊りだしたくなる曲。
海外で見た不思議なパレードが歌詞のモチーフになっているそうです。
PVの変な踊りも印象的でしたしね。
なんかわかんないけど、テンションあがります!

Progress
NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でもおなじみの名曲。
番組外でも局を越えて、あちこちでかかるのでご存知の方もたくさんいらっしゃるでしょう。
もともとはスガさんが参加しているバンド「kokua」としての楽曲ですが、
こちらはスガさんがセルフカバーしたアレンジバージョンです。
自分の道のりを振り返ってみて、全然理想と違うし、誇れるものでもないんだけど、
「あと一歩だけ、前に 進もう」という言葉は名言になりました。



PARADE

PARADE

  • アーティスト: スガシカオ
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: CD


収録曲をみる


タグ:スガシカオ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽