So-net無料ブログ作成

トワイライト~初恋~

ほとんど洋楽を聴かない私が、唯一持っているのが、
映画「トワイライト」シリーズのサントラ。

トワイライトは、吸血鬼と人間の少女との、ロマンティックな純愛物語で、
吸血鬼マニアな私は、
「こういう作品が観たかった!」と思った作品だったのです。
ただ、理想が高すぎるからこそ、ツッコミどころもたくさんあるのですが。

そして、作品を彩る音楽がまた良かったのです!
サントラというよりは、まるでコンピレーションアルバムのよう。
洋楽も聞いてみるもんですね。
ついでに英語も上達するといいんだけどな。


MUSE/SUPERMASSIVE BLACK HOLE 
MUSEはイギリスの人気ロック・トリオ。
97年のデビュー以来、耽美主義的かつドラマチックなロック・サウンドを
追求しつづけています。
ファンキーなこの楽曲は、2006年発表の4thアルバムの収録曲。
既存曲なので偶然なのですが、雰囲気があまりにも作品にピッタリ過ぎて驚きました。

PARAMORE/DECODE 
映画の主題歌。邦題は「恋の暗号」
パラモアは、2004年の結成以来、
パンク/エモーションにおける活動を足がかりに、
着々とそのキャリアを進めてきた4人組。
テネシー州ナッシュヴィル近郊フランクリン出身。
当時、全米ブレイクが期待されていて、
今回の映画への参加が大きな弾みになったのです。
紅一点シンガーのヘイリー・ウィリアムズは、
原作を読みはじめたとたんその世界観の虜になり、
その映画化に関わることを熱心に望んだとか。
そんなこともあって、バンド自身も相当に力を入れて
曲作りに臨んだに違いありません。

ティーン・バンドというこれまでのイメージを払拭する、
深いメランコリーをバンド・サウンドに定着させることに成功。
ヘイリー曰く「私達のバンドには、いろいろな面がある。
それをとことん見せたい」という思いがあるそうです。

THE BLACK GHOSTS/FULL MOON 
THE BLACK GHOSTSはサイモン・ロード(Vo)とテオ・キーティング(DJ)による
ロンドンのエレクトロ・プロジェクト。
2008年発表のセルフ・タイトルのデビュー・アルバムから、
トラッド・フォークとクラブ・ミュージックの融合とも言えるこの曲を提供。

LINKIN PARK/LEAVE OUT ALL THE REST 
ご存じ、現代のロック・シーンを代表するLAの6人組ヘヴィ・ロック・バンド。
彼らのメロディアスな一面を印象づけるこの曲は、
2007年発表の傑作3rdアルバム収録のバラード・ナンバーです。

MUTEMATH/SPOTLIGHT(TWILIGHT MIX)
MUTEMATHは、ニューオリンズ出身の4人組。
ポリスとレディオヘッドの出会いとでも表現したい
エレ・ポップ風味のロック・サウンドによって、
当時、めきめきと頭角を現してきていました。
今回は新曲で参加です。

PERRY FARREL/GO ALL THE WAY(INTO THE TWILIGHT)
80年代から90年代にかけて、
ジェーンズ・アディクションやポルノ・フォー・バイロス
といったバンドで活躍したオルタナ世代のカリスマ。
ソロ名義で提供したこちらの新曲は、
セッション色濃いファレルのソロ・プロジェクト、
サテライト・パーティに近いダンサブルな1曲。
映画でもダンスパーティーのシーンで使われていて、
おしゃれなティーンとイメージがマッチしてたのが印象的でした。

COLLECTIVE SOUL/TREMBLE FOR MY BELOVED
COLLECTIVE SOULは90年代に多くのヒットを放ったジョージア出身のモダン・ロック・バンド、
王道アメリカン・ロックにエレ・ポップの影響を加えたユニークなサウンドで、
成功を収めました。
この曲は彼らが99年にリリースした4thアルバムの収録曲ですが、不思議と古びていません。

PARAMORE/I CAUGHT MYSELF
PARAMOREはもう1曲参加。
こちらは敢えてテンポを落とし、
ヘイリーのヴォーカリストとしての成長を印象づけました。

BLUE FOUNDATION/EYES ON FIRE
デンマークのエレクロニック・グループ、BLUE FOUNDATION。
2007年発表のアルバム収録曲です。
アンニュイな女性ヴォーカルが、物語の舞台となるワシントン州の
雨が多い陰鬱な風景を髣髴とさせます。

ROB PATTINSON/NEVER THINK
映画で美しきヴァンパイア、エドワードを演じるロブ・パティンソン。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のセドリック役でも知られる
イギリス人俳優です。
さすがに演じているだけあって、エドワードの気持ちが伝わってきます。

ですが、個人的には私の中のエドワードのイメージはロブじゃなくて…。
かといって誰かと言われると結びつかないのですが。
あえてキャスティングしないでほしいキャラクターの一人だったりします。

IRON & WINE/FLIGHTLESS BIRD, AMERICAN MOUTH
IRON & WINEことサミュエル・ビームは、
74年生まれのシンガー・ソングライター。
2002年にシンガーとしてデビューするまでは、
マイアミの大学で映画の撮影技術の教師として働いていたそうです。
この曲は2007年発表の3rdアルバムの収録曲。

CURTER BURWELL/BELLA'S LULABY
アルバムの最後を飾るインスト。




トワイライト~初恋~ オリジナル・サウンドトラック

トワイライト~初恋~ オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: カーター・バーウェル
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: CD


1.MUSE/SUPERMASSIVE BLACK HOLE https://youtu.be/Xsp3_a-PMTw
2.PARAMORE/DECODE https://youtu.be/RvnkAtWcKYg
3.THE BLACK GHOSTS/FULL MOON https://youtu.be/-bBVdpeeUBM
4.LINKIN PARK/LEAVE OUT ALL THE REST https://youtu.be/yZIummTz9mM
5.MUTEMATH/SPOTLIGHT(TWILIGHT MIX)
6.PERRY FARREL/GO ALL THE WAY(INTO THE TWILIGHT)
7.COLLECTIVE SOUL/TREMBLE FOR MY BELOVED
8.PARAMORE/I CAUGHT MYSELF
9.BLUE FOUNDATION/EYES ON FIRE
10.ROB PATTINSON/NEVER THINK
11.IRON & WINE/FLIGHTLESS BIRD, AMERICAN MOUTH
12.CURTER BURWELL/BELLA'S LULABY
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。