So-net無料ブログ作成

Seirios

前に発売されたミニアルバム2作に収録された曲と、
新曲で構成された、久しぶりのフルアルバムです。
エモを意識した作品となっており、
本人曰く「自身の感情や心の叫びが素直に反映されている」と語っていて、
達成感のあるアルバムに仕上がったそうです。
この1枚に、彼女の心の世界観が見事に表現されています。
だから聞いていて惹きこまれるというか、どっぷり浸かることができるのでしょうね。

Seirios
表題曲。
Seirios(=セイリオス)とは、ギリシャ語で「光り輝くもの」という意味で、
星のシリウスの語源にもなっている語です。
何となく、アルバム全体を引っ張っていくような、
ルルティアの世界観に惹き込む力のある曲だな、と思いました。

サイレントプレイヤー
初めて聴いた時、パーッと視界がひらける気がしました。
人生に迷走していて、あまりにも先が見えなかった時に、
この曲はストライクでした。
言葉の一つ一つが全て私に刺さったんですよね。
だからこの曲は私にとって、暗闇に差しこんだ光のように、
顔を上げさせてくれるものでした。
それは今でも変わらず、見通しができなくなった時に、聴くようにしています。

オーロラ飛行
神秘的で雄大なオーロラの世界観そのまま。
オーロラの映像が浮かんできます。
って、実際にオーロラを見たことはないのですが。
自然とか宇宙とかを題材するような、彼女の大きな世界観が心地よいです。

LAST DAY
もし世界に終わりが来るとしたら、こんな終わり方だったら安心できるかな。
個人的には人生の最終回に流してほしい曲です。

夢蛍
蛍の光がぼんやりと灯っているような、幻想的な世界観が、
とてもファンタジックです。
バラードではないのに、曲の雰囲気や世界観に包まれて、夢見心地になります。

VOID
ルルティアの言葉が、希望や色々な気づきを与えてくれて、
今の私があります。
言葉だけじゃなく、音楽性だとか世界観だとか、
精神世界そのものですね。
彼女と出会えて、世界観に触れることができて、本当に良かった。

星と羽
「Opus」に収録されていましたが、歌詞の掲載がなく、
今作でやっと歌詞がわかりました。
まるで聖歌や讃美歌のような、神々しささえ持ち合わせる、美しい曲。
心が洗われます。




Seirios

Seirios

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: PHOERIX RECORDS
  • 発売日: 2009/02/27
  • メディア: CD


1.Seirios
2.サイレントプレイヤー
3.Opus
4.オーロラ飛行
5.流光
6.無憂歌
7.LAST DAY
8.氷鎖
9.夢蛍
10.VOID
11.星と羽

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。