So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

FUNKAHOLiC

タイトルは「ファンク中毒」。
スガさんが長らく関わってきたアニメ作品「xxxHOLiC」ともかけられてる気がします。

バナナの国の黄色い戦争
頭の中がバナナに占領されてしまう…。
エグイ曲です。

NOBODY KNOWS
アニメ「xxxHOLiC◆継」のオープニングテーマでした。
公衆トイレの落書きをヒントにして詞が書かれたそうです。
まるで「チルドレン」の陣内みたい!
スガさんならやりそうです。

POP MUSIC
軽快なポップだとしても、そこに辛辣な歌詞をのせる。
ロックだと思いの丈をのせがちだけど、
スガさんに場合は、軽快なポップでもそれをやる。
リアルに伝えたい本音をのせるから、
サラッと聞けそうだけど聞き流せない。
そのギャップがいい。

プラネタリウム
都会の街の夜空。
本当は星なんか見えないけど、プラネタリウムのように感じる。
すごくピュアな発想だなと思いつつ、
その反面どこか自分が汚れているのではないか、という気持ちもにじませる。

Call My Name
これはかなりストレートで生々しい歌詞。
綺麗事じゃなく、生々しいリアリティを綴るのは、
スガさんの得意なところだと思う。

FUNKAHOLiC
前の曲から繋がって始まり、同じリズムなので、
注意してないと聞き流してしまう。
このゆるく独特な流れに、自然と身体がのっていってしまう、
そんな心地よさがファンクなのでしょう。
スガさんの曲を聞くまで、ファンクというジャンルに出会うことはなかったです。

フォノスコープ
いろんな情報が耳に入ってきてしまう時代で、
本当に必要な話だけが、自分に届いてほしい。
「耳打ち」って言葉がすごく響くなぁって思いました。

潔癖
いかにも神経質そうな、ざわっと肌が粟立つ感じ。
こんな神経質だったら疲れるだろうに…。
私は全く潔癖ではないのですが、
気付くと眉間にシワが寄っていたりして、
どこか神経質な部分が顔を出します。
イヤなんだけどな。

13階のエレベーター
エレベーターの中の妙に張り詰めた空気感が苦手。
何かしたいわけじゃないけど、どうもあの間が苦手。
エスカレーターがあればいいんだけど、
どうしてもエレベーターしかない時は、
できれば誰も乗ってこないで~って思いながら乗ってる。

コノユビトマレ
この曲には救われた!
自分のことあまり好きじゃないけど、
無理に変わろうとしなくていいんだよね。
きっと同じことを思ってる人が他にもいるんだなぁ。
もう理想とか居場所とか、そういうのにこだわるのやめた。

sofa
当たり前のようにそこに座っていた人がいなくなって、
ソファだけが残されて…ってとても寂しい情景が浮かんでくる。
こういうリアリティの表現がたまらないですね。

宇宙
もしも宇宙に一人だけ放り出されてしまったら…
なんて、どれだけ心配性なんだよ、と思いつつ、
そんな映画ありましたよね。
だいたいの人が宇宙旅行に行けるかな?ってワクワクしながら、
帰ってこられるかの心配してる人って、そんなにいない気がする。
私は臆病なので、宇宙旅行なんて無理かなぁ。



FUNKAHOLiC(初回生産限定盤)(DVD付)

FUNKAHOLiC(初回生産限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN Inc.(BMG)(M)
  • 発売日: 2008/09/10
  • メディア: CD


1.バナナの国の黄色い戦争
2.NOBODY KNOWS https://youtu.be/VVkOcvokfBY
3.POP MUSIC
4.プラネタリウム
5.Call My Name
6.FUNKAHOLiC
7.フォノスコープ https://youtu.be/NP5A5z27ghQ
8.潔癖
9.13階のエレベーター
10.コノユビトマレ https://youtu.be/RWI0Pg8SWnI
11.sofa
12.宇宙

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。