So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

STARDUST VOX

2年ぶりのフルアルバム。
卓偉さんの思いやエネルギーが伝わってきます。
時間はあいても、親近感を感じさせてくれる、そんなアルバムです。

スピカ ~Looking for my star~
アルバムのスタートらしく、インパクトある始まり。
このアルバムを聞きながら、どんな時間が過ごせるのか、
楽しみにさせてくれる1曲だと思っています。

真夜中のパラノイア
昔の卓偉さんのロックを彷彿とさせるようなパンク。
エネルギッシュな破壊力は健在です。

トップランナー
うってかわってポップなこの曲は、
何が何でも1番になりたい、健気にかわいらしい曲です。
正々堂々と宣言するストレートな表現が伝わってきます。
何となく卓偉さんらしい。

明日はきっと風の中
私もそんなに先のことを考えてなくて、
そんな私にはすごくありがたい言葉。
いつしか、「なるようになるさ」くらいに構えていた方が、
ちょうどいいやって思うようになっていたんです。
性格的にその方が生きやすいのかなって思いました。

HYSTERICがとまらない
ヒステリックな女性に手を焼いている男性の話。
それを差し置いても好きで離れられないってことなんですけど。
どうして女性にヒステリーが多いのでしょうかねぇ。
私もイヤだな、と思いつつも、ヒステリーを隠し持ってる性質です。
自分でも付き合いきれないからイヤなんですけど、どうしようもない。
母が神経質なので、遺伝的な素因があったり、
そういう環境の中で育つから余計にヒステリーになってしまったりするのかな?
と諦めています。

LOVE MERMAID
夏の女性はマーメイドです。
夏のマーメイドたちに捧げたい曲。

LILY
胸が痛くなるようなミディアムバラードです。
卓偉さんの優しさが伝わってきます。

DANCING STARDUST
身体を動かしたくなるようなキャッチ―なナンバー。
一度聴いたら頭から離れられなくなるメロディーは、
なかなかクセになります。

ズキズキドキドキDESTINY
日常の何気ない会話がそのまま歌詞になっていて、リアリティ満載。
全く飾り気のない歌詞に、共感できる方もたくさんいるのでは?

OCTOPUS SOLDIER
タイトルからしてビックリなのですが、面白い曲です。
たこ焼き版の「およげたいやきくん」なのかな?と
勝手に想像しました。
それにしては、かなりクールでカッコイイ仕上がりですけどね。

流星歌
流れるようなストリングスと共に奏でるキレイなメロディー。
聴いているとついうっとりしてしまいます。
まるで流れる星を見るように。

もっとそばに ~it's a real love~
アルバムの最後を締めくくるのは、
率直な思いがストレートに綴られたミディアムナンバー。
親近感を感じさせてくれるエンディングに、ほっこりします。



STARDUST VOX

STARDUST VOX

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ZETIMA
  • 発売日: 2008/07/23
  • メディア: CD


1.スピカ ~Looking for my star~
2.真夜中のパラノイア
3.トップランナー
4.明日はきっと風の中
5.HYSTERICがとまらない
6.LOVE MERMAID
7.LILY
8.DANCING STARDUST
9.ズキズキドキドキDESTINY
10.OCTOPUS SOLDIER
11.流星歌
12.もっとそばに ~It's a real love~
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。