So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Dr.コトー診療所 22

前巻で島にやってきたミナの夫、柚原。
彼は島に良からぬものをもたらそうとしていました。
しかしその思惑も、とあるアクシデントで立ち消えに…。
柚原は大けがを負い、診療所で治療をすることに。

そんな中、ゆかこの息子が崖から落ちて溺れかけてしまう。
悲鳴を聞きつけた柚原の行動に、彼の人間性を垣間見る。
柚原は本当に根っからの悪人なのか?

確かに柚原の起こした事件は許されるものではないし、罪になる。
だけどコトー先生は「島の力」を信じていました。
この島に来ると何故かみんな元気になってしまうという、島の力。
彩佳さんのお父さんの末期癌も治っちゃったし、
かつてのコトー先生も、この力に癒やされました。
コトー先生曰く、その島の力とは、ここに住む人達の気持ちが、
島中に満ちているからじゃないか、と。

さて、そんな島民たちの気持ちは、柚原にも響くのでしょうか。
犯してしまった罪はしっかり償ってほしいものです。


この巻は、さらにショッキングな内容が続き、なかなかヘビーでした。
それは、星野家にまつわる話。
彩佳さんは医師を目指して本土へ。
花屋で住み込みで働かせてもらいながら、勉強に励んでいました。

一方、島に残った父・正一さんと、義母の典子さんは…
膠原病と闘病していた典子さんがついに力尽きてしまいました。
看取りの場面は、昨年祖父を看取った時のことが生々しくよみがえってしまって…。
その日の朝までは普通に話してたのに、突然逝ってしまったのです。
祖父は悟っていたのかもしれないけど。
あの瞬間を体験して、当人はどこまで意識があって、どうなってしまうのかなって、
想像することもできないだけに、不思議に思います。

その頃、彩佳さんはセンター試験の本番。
だけれども、試験どころではない出来事に巻き込まれてしまう…。
それは彩佳さんが住み込みでお世話になってる石平さんの家族にまつわるお話。

家族の死を受け入れるのは容易ではない。
私も祖父が未だにどこか旅をしているんじゃないかって、
ピンとこない部分もあります。
そんなだから、幼い子にとってはなおさら。
時間をかけて徐々に受け入れていくしかないのでしょうけど、
よく言われることかもしれませんが、「いなくなった」のではなく、
「家族の中で生きている」と考えることが大事なんだと思う。

それにしても、彩佳さんに、重たい出来事を詰め込み過ぎな気がします。
見てて辛くなるよ。



Dr.コトー診療所 22 Dr.コトー、駆ける。 (ヤングサンデーコミックス)

Dr.コトー診療所 22 Dr.コトー、駆ける。 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 山田 貴敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/02/05
  • メディア: コミック


絶海の孤島・古志木島の小さな診療所で
数々の難手術を成功させてきたDr.コトーこと五島健助。
彼が絶大な信頼を寄せていた看護師・星野彩佳が
医学部に入学するために島を離れてから数か月。
彼女は花屋さんに住み込みで働き、
投薬治療を続けながら受験勉強に励んでいた。
そして迎えたセンター試験当日、思わぬ事件が発生し…?
奇跡と感動の離島医療物語。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。