So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ベルセルク 32

大空に姿を現した雷帝ガニシュカの攻撃に、
なす術もないガッツ。
そこへ現れた新・鷹の団。
あのゾッドと、ガッツは思わぬ再会を果たすこととなる。
因縁の二人ではあるが、ここは何とタッグを組んで、
ガニシュカに立ち向かうことに!!
シールケのサポートもあり、ガニシュカの本体を探り、
急所をつくことに成功した!!

とはいえ、直接本体に物理的に触れることができたわけではないので、
ガニシュカには手傷を負わせたまで。
だけど、ここでガニシュカは一時退散。
ガッツもギリギリのところで戦っていたため気を失う。

人外の者たちの戦いにガッツが巻き込まれたような形ですが、勝負はお預け。
ガッツ一行は船に乗り、ようやく出航することになります。


一方、その人外の者たちの戦いはというと、
グリフィスがガニシュカの前に姿を現していました。
あのガニシュカでさえも、その姿を前にしただけで狂わせることのできるグリフィス。
もはやかつてのグリフィスではないことは明らかなのですが、
こんな存在に、ガッツは刃を向けることができるのでしょうか。

さて地上では、クシャーンの大軍が撤退していきます。
これもグリフィスの影響によるもの。
クシャーン軍を見事に撤退させた新・鷹の団は、
かつての諸侯たちの目の前で、「ミッドランド正規軍」を名乗っていました。
そこにはシャルロットも現れ、公認のものとされていました。
グリフィスは、ゴッドハンドに転生する前の、
あの夢の続きを叶えようとしているだけなのかもしれない。

肉体を与えられたグリフィスは、すっかり、かつての姿を取り戻したようです。
シャルロットと密会して、地下に幽閉され、拷問される前の、あの栄光の姿。
今や国どころか、世界をも手に出来そうな気がしますが…。
こうなることも全て、因果律のシナリオ通りだったのかな?なんて思います。

そして、「鷹の団」と名乗り、「ミッドランド正規軍」と自称するものの、
中身はすっかり変わってしまった軍を見て、ガッツはどう思うのかな。
だけど今度こそ、キャスカと向き合ってほしいし、
自分の身体のことも大切にしてほしい。

今回はあまりガッツの動くところは見られませんでしたが、
こういう時も必要です。
さぁ、いよいよキャスカの心の旅へ向けて、船出!
船旅は初めての展開なので、何だかワクワクします。



ベルセルク 32 (ジェッツコミックス)

ベルセルク 32 (ジェッツコミックス)

  • 作者: 三浦 建太郎
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2007/11/29
  • メディア: コミック


狂戦士の甲冑を乗りこなしたのも束の間、クシャーン大帝・ガニシュカの雷撃にガッツはなすすべがなかった。
そして、大帝はガッツに自らの配下に加わるよう提案、ガッツは大帝がゴッド・ハンドに盾突く使徒だと理解した。
ゾッドが率いる新・鷹の団の飛行型使徒がガニシュカに襲いかかるが、混戦の中、ガッツとゾッドは驚くべき選択をする!?
タグ:ベルセルク
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。