So-net無料ブログ作成

ホタルノヒカリ 5

要に部長との同居がバレてしまった蛍。
読者の私たちももちろん、
蛍と部長との生活がやましいものではないってわかってはいるけど、
他の男と一つ屋根の下で暮らしてる時点で、蛍はマコトを裏切ってる、と。
確かに誰だってそう思うよね。
それに蛍も本当のことを話せなかったのは、蛍自身にも引っかかりがあったんじゃないかな。

開き直った蛍は、いざマコトに全てを打ち明けようとする。
たまたま優子にチケットをもらったアミューズメントパークというのが温泉施設で、
男風呂と女風呂に別れちゃって、なかなか落ち着いて話せないっていうオチが蛍らしいけど、
結局、マコトはマコトで、蛍が要のことを好きになったんじゃないかって誤解していて、
その誤解を解くだけで、同居のことは話せずに治まってしまった!!
干物と天然がなせる、奇跡の展開です(笑)

だけど、ピンチは突然やってくる!
酔ったマコトが勢いで蛍の家に押しかけてきた!!
幸いにも高野部長は出張で不在。
そしてまた奇跡的にも、まだメイク落としてなかった!
メイクも落とさず、スーツも着たままで寝ちゃうって、
すごーく罪悪感になるのわかるんですけど、ついやっちゃうんですよねー。
でもこの時ばかりは、それが良い方向に働いた!!
部屋の中で隠しきれてない干物的要素は、全て同居人の「お高さん」の仕業ということで、
どうにかごまかす(笑)

でも、何もかもさらけ出しても好きな人に好かれる自信なんてないのわかるなぁ。
最初からありのままで好かれるなんて思わないから、
取り繕っちゃったり、ごまかしちゃったり。
そのウソやごまかしが取り返せなくなっちゃって、
なかなか本当の自分が出せなくなってしまうこともあるけど。蛍みたいに。
でもそれは相手をがっかりさせたくないがためにやっていることであって、
ニセモノでも詐欺師でもないのにね。
干物は干物なりの方法で、相手を思って頑張ってるんだよ。
蛍はマコトの理想を崩さないように、ボロが出ないように、一生懸命頑張ってると思うよ。
真の干物は、他人の為に頑張ろうなんて思わないもん。

そんな蛍の家での姿を見て、マコトは一緒に住まないかと提案する。
あまりに急なことで、蛍はつい聞こえなかったフリをしてしまう!
マコトへの返事は待ってもらいつつも、なかなか蛍は踏ん切りがつかない。
そんな中、同居解消を切り出してきたのは高野部長の方だった!
部長はいずれマンションの方に引っ越すことに。
片付けの為、自宅とマンションを行き来する部長。
部長が帰ってくるかこないかで一喜一憂する蛍。
こんなわかりやすい反応しちゃって(笑)
ありのままの干物姿でも平気な部長との生活は、そう簡単に捨てられないよねぇ。
私だったら部長を選ぶかな。
何せ部長はにゃんこ好きだし。←そこ?



ホタルノヒカリ(5) (Kissコミックス)

ホタルノヒカリ(5) (Kissコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/04/13
  • メディア: Kindle版


悩みがあるのに、全然ヤセない…。

部長との同居を殿に目撃されてしまった蛍。
マコトにすべてを打ち明けようとあがくものの、なぜか結果はトンマなことに…。
意を決して、部長に同居解消を申し出ようとするのだが!?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0