So-net無料ブログ作成

Dr.コトー診療所 22

前巻で島にやってきたミナの夫、柚原。
彼は島に良からぬものをもたらそうとしていました。
しかしその思惑も、とあるアクシデントで立ち消えに…。
柚原は大けがを負い、診療所で治療をすることに。

そんな中、ゆかこの息子が崖から落ちて溺れかけてしまう。
悲鳴を聞きつけた柚原の行動に、彼の人間性を垣間見る。
柚原は本当に根っからの悪人なのか?

確かに柚原の起こした事件は許されるものではないし、罪になる。
だけどコトー先生は「島の力」を信じていました。
この島に来ると何故かみんな元気になってしまうという、島の力。
彩佳さんのお父さんの末期癌も治っちゃったし、
かつてのコトー先生も、この力に癒やされました。
コトー先生曰く、その島の力とは、ここに住む人達の気持ちが、
島中に満ちているからじゃないか、と。

さて、そんな島民たちの気持ちは、柚原にも響くのでしょうか。
犯してしまった罪はしっかり償ってほしいものです。


この巻は、さらにショッキングな内容が続き、なかなかヘビーでした。
それは、星野家にまつわる話。
彩佳さんは医師を目指して本土へ。
花屋で住み込みで働かせてもらいながら、勉強に励んでいました。

一方、島に残った父・正一さんと、義母の典子さんは…
膠原病と闘病していた典子さんがついに力尽きてしまいました。
看取りの場面は、昨年祖父を看取った時のことが生々しくよみがえってしまって…。
その日の朝までは普通に話してたのに、突然逝ってしまったのです。
祖父は悟っていたのかもしれないけど。
あの瞬間を体験して、当人はどこまで意識があって、どうなってしまうのかなって、
想像することもできないだけに、不思議に思います。

その頃、彩佳さんはセンター試験の本番。
だけれども、試験どころではない出来事に巻き込まれてしまう…。
それは彩佳さんが住み込みでお世話になってる石平さんの家族にまつわるお話。

家族の死を受け入れるのは容易ではない。
私も祖父が未だにどこか旅をしているんじゃないかって、
ピンとこない部分もあります。
そんなだから、幼い子にとってはなおさら。
時間をかけて徐々に受け入れていくしかないのでしょうけど、
よく言われることかもしれませんが、「いなくなった」のではなく、
「家族の中で生きている」と考えることが大事なんだと思う。

それにしても、彩佳さんに、重たい出来事を詰め込み過ぎな気がします。
見てて辛くなるよ。



Dr.コトー診療所 22 Dr.コトー、駆ける。 (ヤングサンデーコミックス)

Dr.コトー診療所 22 Dr.コトー、駆ける。 (ヤングサンデーコミックス)

  • 作者: 山田 貴敏
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/02/05
  • メディア: コミック


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 

死神の精度

実は、私が初めて読んだ伊坂作品になります。
「死神」とか、いかにも私好みのタイトルに惹かれて、
読んでみたらストライク!!
人の死を司る死神のストーリーは、
まさしく私が読みたいストーリーそのものだったのですが、
それだけではなく、独特の伊坂さんワールドにもハマリ、
それから伊坂作品を全て読むほどハマったのでした。

こちらの作品は、死神・千葉が担当する案件ごとの短編集となっています。


死神の精度

この作品のインダクション的なお話。
死神なんて現実離れした存在を持ち込むには、説明が必要ですよね。

死神の仕事は対象の人間の調査を行い、
「死」を実行するのに適しているかどうかを判断し、報告をする。
ただそれだけのこと。
対象の人間がどうやって選ばれているのかは死神自身もわからず、
それは別部署の仕事だからです。
死神が所属するのは調査部ですが、
まるで会社のような組織があって、部署が分かれているのが親近感わきますよね。
調査というのはたいしたことではなく、
死の1週間前に対象の人間に接触し、何度か話を聞き、
「可」もしくは「見送り」と書くだけ。
しかも、その判断基準は、死神個人の裁量に任されているという。

死神・千葉が今回担当するのは、藤木一恵。
大手電機メーカーの本社に勤務し、苦情処理の電話を受けている。
私もコールセンターの勤務は長かったけど、100%苦情の内容ではなかったので、
まだいい方だったのかな~、なんて思ったり。
でも、苦情の電話はできれば受けたくはないもの。
自分が悪いんじゃないってわかってても、つい相手に引きずられてしまうというか。
苦情ばっかり聞いてると、だんだん何のために仕事してるのかわからなくなったり。
好きで入った会社であれば、苦情でも貴重なお客様の声として受け止めることができるんでしょうけど、
私の場合、望んだ仕事ではなかったので…。
そもそもが他にやりたいことがあって、生活を支えるためのお仕事だったのです。
でも、せめて何かプラスになることがあればいいなって、
声を使うコールセンターの仕事をしたんですよね。
5年以上コールセンターのお仕事したけど、声のお仕事のご縁はなく、
藤木一恵のようなドラマはなかったな。


死神と藤田

今回、千葉が担当するのは、藤田という中年の男。やくざ、ということらしい。
死神の仕事柄、やくざと遭遇することはよくあるらしい。
そりゃそうだろうな、と納得。
というのも、自殺や病死は死神の管轄ではないが、
事件や事故死は死神が絡んでいるからだ。

ところで、死神の中にはろくろく調査もせず「可」と報告する者も多い。
藤田に関しても、極端なことを言えば、会わずに報告してしまってもよいのだが、
千葉はそうしなかった。
たとえ報告が「可」になると決まっていたとしても、やるべきことはやる。
真面目というか、律儀なタイプのようです。
そんなわけだから、こういう任侠の世界でも馬が合う(?)ようですね。

さて、藤田は栗木という別の組に属するやくざを探していた。
その栗木の情報を提供することで、千葉は藤田へ近づく。
もちろんこれも千葉を派遣するにあたり、情報部が用意した材料です。
調査するにしても、きっかけがないと対象と接点をもてないですから。
ちなみに、死神の外見も、案件ごとに、対象を惹き付けるのに適したものに変わるそうです。
名前は変わらないんですけどね。

藤田が栗木を探すのは、よくあるやくざ間の揉め事。
藤田の兄貴分が栗木に殺された。
だから、筋を通すために、藤田が栗木を殺す。

千葉が来たということは、藤田に死期が迫っているということですが、
ここで千葉が気になる質問をする。
恐らく人が一度はやくざに聞いてみたい質問なんじゃないかな。
「死についてどう思うか?」
実際のところ、どうなのかはわかりませんが、この作品での答えは、
「死ぬことよりも、負けることの方が怖い」
なるほど。こういうイメージあります。

やくざとか任侠ってどういうものなのか全くわからないのですが、
「弱きを助け、強きをくじく」
やくざとは元々そういう役割だったらしいです。
弱者はたいてい、国や法律に苛められる。
それを救えるのは、法律を飛び越えた無法者。
無法者というと悪いイメージしかないけど、
それが弱きを助けるってことになり、やくざなんだと。
これは藤田が部下の阿久津に教えた言葉です。

そんな藤田は、ある意味、ロックンロールに近いのかも。
藤田の生き様をしっかり見届けたい作品です。


吹雪に死神

舞台は洋館。
そこに数名が集められ、何人かが死んでいく、という王道のミステリー設定です!

今回の担当は、田村聡江。
千葉は、吹雪でどうにもならず避難してきた、という体で洋館を訪れるが、
最初の被害者、田村聡江の旦那である田村幹夫が亡くなる。
この夫婦は旅行で訪れていたそうです。
宿泊者は他に、権藤、英一、真由子。
いずれも当選葉書が送られてきて招待された客で、
権藤と英一は親子、真由子は女優の卵のようなことをしており、
到着が遅れている彼氏を待っていました。
そして、洋館には雇われた<童顔の料理人>がいて、
これで登場人物とプロフィールが出そろいます。

王道ミステリーの常で、この後、また一人、二人と登場人物が殺されながら、
残った中で犯人を探していく。
千葉にしてみれば、誰が犯人だろうと興味はなかったでしょうが、
読者のためにサービスです。
まぁ、千葉にとっては然るべき調査に過ぎないのかもしれませんが。
ただ、そんな千葉にも予想できなかったカラクリがあり、物語が動きます。

ミステリー好きにもご堪能いただける作品だと思います!


恋愛で死神

今回の担当は、荻原という23歳の青年。
8日目に死んだところを見届けたところで始まります。
彼に何があったのか、どんな生き様だったのか。
千葉が調査をした1週間を、1日ごとに語られます。

千葉は同じマンションに引っ越してきた、2歳上の青年、という設定。
通勤する荻原と行動を共にするうちに、古川朝美という女性と出会う。
どうやら彼女は、荻原の想い人のようだ。

きっかけは彼女が荻原の働くブティックへ客としてやってきたことだった。
彼女は荻原のことには気づいてなかったが、いい雰囲気で関係が進んでいく。
一方、彼女はトラブルにも巻き込まれていた。
知らない男に電話番号から住所が割り出され、怯えていた。

荻原と古川朝美の関係がちょっとずつ進むにつれ、キュンキュンしていたのですが、
盛り上がっていく中で、千葉が来てからの7日目を迎えてしまう。
そんな酷な…!やっぱり死神なんて残酷なんだ!と思ってしまいがちなのですが、
そこにはちょっとした救われる事情もあって。
伊坂作品はやっぱりバッドエンドにはならなかった。
伊坂さんは死神じゃなかった!と勝手に思いました。


旅路を死神

今回の担当は、森岡耕介。
ナイフで人を刺した後、千葉の運転する車へ乗り込んできたという、
物騒な始まりですが、千葉は当然驚かない。
国道六号から北上する旅が始まった。

国道六号とは、私の地元も走っている国道なので、とても身近な道路なのですが、
北の果てでは阿武隈川を通り過ぎるとは、知らなかった。
そして橋を渡るとすぐに国道四号と交わるのですね。
免許持っててもほとんど運転しないので全く知らず。

森岡は十和田湖、奥入瀬を目指していた。
そこに森岡が会いたい男、深津がいるからだ。
深津というのは、森岡が少年の頃に誘拐されたことがあり、
その誘拐事件に関わっていた者らしい。
森岡はその誘拐での恐怖体験に捉われた20年間を過ごしてきたのだと思う。
道中、いろいろな人や出来事に遭遇することで、少しずつ誤解のパズルが解けていくのと、
それを象徴するかのように現れる十和田湖の様に、想像するだけで感動します。

やっぱり旅はいいよね。人の心を変える力がある。
作品に影響されたわけではないですが、十和田湖は行ってみたいな。

ところで、道中、「重力ピエロ」の春に出会います。
場面としては放火事件1件目の日、燃えたソフト会社の斜向かいの駐車場の兵に、
「GOD」と落書きをしていた。
「重力ピエロ」を読んだ人にはすぐわかる場面ですね。

結構、長い間登場していて、千葉との絡みもあります。
そこで千葉が「どうして、人間は、人を殺すんだ?」と核心をついた質問をする。
「重力ピエロ」の読者にとっては、この時の春の気持ちが読み取れるし、
伊坂さんからのサービスかな?なんて思ったり。
この時の春の回答を踏まえて「重力ピエロ」を読むと、また読みが深まります。

また、この回答とは別に、春はこんな発言もする。
「人間独自のつらいことの一つに、幻滅、がある」
それは、頼りにしていた人間が、実は臆病者だったとか、
言われてみれば人間独自に感じる苦痛なのかもしれない。
自然や動物には、そういう裏切りはない。
だから私も動物が好きだし、大自然を見ると落ち着くのかな。
そんなこと言われるとますます旅したくなっちゃうよね。

この発言もまた、重力ピエロを読み返すと興味深い発言に聞こえます。
そして、森岡の過去へのトラウマに対しても、千葉を通して影響を与えるものでした。


死神対老女

今回担当するのは、新田という老女。
何と、彼女は千葉の正体に気付いていました!
不思議なことに、まわりのの知り合いを、交通事故だとか予期せぬアクシデントだとか、
いわゆる死神が関わる死によって亡くしている。
なので、死神に会っていたとしても不思議ではない縁の持ち主です。

ところで、短編集も最後の一編となりましたので、
千葉について語りきれなかったことを、もう少し書きたいと思います。

千葉が仕事をする時はいつも雨。いまだ晴天を見たことがないのです。
果たして最後まで雨は止まないのでしょうか。

それから、千葉を含む死神が偏愛するのがミュージック。
ろくに調査もせず、CDショップの視聴機の前で時間を潰す同僚もいるほど。
それに比べたら千葉は仕事してる方なんですが、
カーステレオでもラジオでもラジカセでも、機会があればミュージックを聴く。
「ミュージック!」とはしゃぐ千葉の姿は何とも可愛らしい。
しかし、今や配信で音楽を聴く人が増えて、CDショップが減ってきているので、
死神もさぞかし困っていることでしょう。
かく言う私も、このご時世で律儀にCDを買っている人で、
iPodに落として持ち歩いています。
なので移動中は音楽がお供なのですが、今そのiPodが壊れてしまって、困っています。

ちなみに、千葉が言うところのミュージックとは対極で、
人間の発明した最も不要で、醜いものは「渋滞」だそうです。
車に乗らない私は「通勤ラッシュ」かな。
どうして人は同じ時間に集まるのだろうか。

何気なく綴られてきた6編の作品ですが、実はかなり時間が経過しているのです。
1つ目の作品から大体50年くらい?死神に時間の概念がないからこそ、為せる技なのですが。
それも、1話目に登場した藤木一恵のその後が語られることでわかる、という粋な演出。
彼女は千葉が珍しく「見送り」にしたこともここでわかります。
また、この老女の過去を知った時が、この作品最大のアハー体験だったんですけど、
物語の最後がこの老女のお話で良かったと思います。

詳細は是非、ご自身で読んで体感してみてください!



死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/02/08
  • メディア: 文庫


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 

NIGHT FISHING

サカナクションの2枚目のアルバムです。
メンバーの出身地である北海道を拠点として制作した最後のアルバムとなり、
この作品以降は、拠点を東京に移して制作しています。
新しいサカナクションを提示しつつも、前回まで評価されてきた部分を失わずに、
よりポピュラーに制作するようにされたそうです。
商業的な面との兼ね合いで、対立が多い作品となったようでした。

ワード
冬の夜道を歩きながら聴いたら、泣けてくる曲を作りたかったが、
なかなかそんな気分にならなくて悩んでいた時、
「夜が僕らを試してるな」という歌詞が浮かんで、
その瞬間に曲の全体像が広がったそうです。
確かにとてもインパクトがあって、耳に残るフレーズです。

サンプル
まずメロディーと共に歌詞が出てきて、後はそのまま何も考えずに心象を吐き出していたら、
いつのまにか完成していたそうなので、完全に山口さんの頭の中の世界だと言えます。
アレンジも、サカナクションの自然体なアグレッシブさが露骨に出たようで、
サカナクション流のクラブロックです。
聴いてると、自然と身体が動き出すような感覚。

ナイトフィッシングイズグッド
タイトルが先にできていた曲だそうです。
一人で釣りをしていたら、物思いに深けてしまって、
けど魚が釣れて慌ただしくなってきたら、
最初に思っていた事の意味がポジティブに変わって来たという、山口さんらしい歌詞。
実は楽曲の長さが6分もある長編です。。
クラシック音楽の様式を取り入れています。
また、クイーンの楽曲のリフがそのまま使用されている部分もあります。

雨は気まぐれ
曲作りに追われて、部屋から一歩も出ずギターと対峙してばかりいた時に書かれた曲で、
雨が降っているのかどうなのかわからない日常に圧迫されながら書いた歌詞だったそうです。
でも、雨の日の気分転換にいい曲だな、と思ってます。

うねり
疲れすぎてゆっくり眠りたいなぁと思ってばかりいた時に書かれた曲だそうで、
どう休みたいかの憧れが歌になっています。
それもあってか、最終的にゆったりした感じに仕上がっています。
3拍子のゆったりしたリズム感が心地よくて、くつろいだ気分。
お正月休みが過ぎたばかりですけど、まとまってゆっくりできる時間が欲しいな(笑)

ティーンエイジ
大人になってきた気がした時、失ったものは一体なんなのか
言っておかなきゃならないなぁと思って書いた曲だそうです。
けど、山口さん曰く、まだ言い足りないそうな。
そうなかなか言い尽くせないテーマですよね。
後半インストになるのは、言葉じゃ言い表せられないティーンエイジャーの鬱屈は、
音で表現するべきだと思ったから、と。深い。

哀愁トレイン
「ティーンエイジ」とはちょっと違う青春の曲で、
実家へJRで帰っている途中にふと歌詞が浮かんで生まれた曲だそうです。
当初は家出した少年の曲を書こうと思っていたのだけど、
家出をした事がないから書けなかったなんて、かわいらしいエピソードもあったり。
同じ青春の曲でも、「ティーンエイジ」は内向的な気持ちに向かっていくのに対し、
こちらは実際に行動にうつすという面で、外に向いている曲だと思う。

新しい世界
旅に出たくて出たくてうずうずして、ふて腐れたり一人遊びでごまかしたりしていた時に書いた曲だそうで、
知らない事を知りたいという欲求を歌にぶつけています。
未知の新しい世界をのぞくには、旅が一番です。

アムスフィッシュ
曲作りの為に、山の中の一軒家に一人で籠もっていた時に書いた曲だそうです。
「アムステルダム」という歌い出しは、コードと一緒になぜか出て来たそうですよ。
何だか不思議な趣のある曲で、ついつい聴き入ってしまいます。



NIGHT FISHING

NIGHT FISHING

  • アーティスト: サカナクション,サカナクション,山口一郎
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/23
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 

GUILTY

この年は、あゆにとって楽曲制作がおぼつかなった年だそうで、
このアルバムのコンセプトも決まらないままだったそうです。
そういう意味で、「Duty」の頃の突っ走り方と似ていると語っていて、
だからなのか、今回もジャケットではヒョウ柄をまとっています。

Mirror
ワンコーラスのみの収録ですが、後にフルコーラスにアレンジされ、
デビュー10周年記念シングル「Mirrocle World」として発売されました。
ワンコーラスだけなんですが、ものすごく訴えかけるものがありまして。
あゆが歩んできた10年、それは本人が想像したものになったかどうかはわからないけど、
ただひたすらがむしゃらに突っ走ってきたんだなっていうのが伺えます。

(don't) Leave me alone
すごく孤高の強さを感じる曲ですが、
だけどその奥には孤独への不安もある。
よくこのブログでも言ってるような気がするけど、
孤独と孤高は違うのです。
私が目指してるのも「孤高」。
だから、あゆの気高いオーラには憧れます。
女性ダンサーを引き連れるPVにもそんな雰囲気が表れてますね。

talkin' 2 myself
いろんな情報や誘惑が溢れてる時代で、
本当に何を信じて生きていけばいいのかわからない。
だけど結局、どんな選択をして決断していくかは、自分の心なんだ。
時には既成概念や固定観念なんかも破壊する。それは創造の原点。
新しいことを始めるためには、捨てなくちゃいけないことだってあるのです。
そうまでする価値があるか、その勇気を持てるか、
それはじっくり自分と向き合ってみればいい。
PVはずぶ濡れ、泥だらけになって、這いつくばっても立ち上がって歌う姿が印象的です。

decision
固い信念に貫かれた曲で、これが覚悟というものだと思います。
あゆが選んだのは、もう引き返せない道。
だから彼女は振り返らない。
常に前に進むことを考えてるんだと思う。
10周年という節目の年だけど、振り返るというよりは、
ここからまた新たなスタートを切るんだな、という感じがしました。
PVではおなじみのバンドメンバーとの、パワフルな演奏場面が見られます。

GUILTY
こう言われてしまうと、これ以上語らない方がいいのかな、という気がするので、
多くは語りません。
アルバムタイトルの曲なので、これが彼女のメッセージなのかな、とは思います。

fated
運命という、とてもロマンチックでドラマチックな世界観そのものです。
それがそのままPVで表現されてます。
両A面の「glitter」とあわせて「距愛」というショートムービーになってまして、
女優あゆが観られます。
歌姫あゆとイケメンボディガードとの恋。
その運命的な出会いの結末は…!?

Together When...
悲しさや悔しさがストレートに入ってくるので、泣けてくる。
生まれ変わってやり直したいことがたくさんあるよ。
悔いのない人生って難しいね。
だけど終わりがよければ、そんな気持ちもリセットされるのかな?なんてこの頃は思う。
PVはバラードらしく、あゆがベンチで口ずさむ穏やかなものだと思っていたら、
あゆの人形が壊れるっていう衝撃の一幕が!!
ここにいろんな心の葛藤の爆発が表されてるんですね。

Marionette
ネジを巻くオルゴール音のインストから続いて流れます。
ねじ巻き仕掛けのマリオネットが踊るような3拍子のメルヘンな世界観が好みです。
だけど強い意志があって、ロックと融合しているところも好き。
私はすごく不器用だから、仮面をつけたまま生きることなんてできない。
そんな気持ちが、自分の意思では動けないマリオネットとすごくシンクロします。
PVではあゆとダンサーたちが、リアルにマリオネットになって、曲の世界観を表現します。

glitter
毎年恒例の夏ソング。今回はキラキラ輝く夏。
前述の「距愛」のショートムービーの前半部分で流れます。
あゆ扮する歌姫と香港の俳優ショーン・ユー扮するボディガードが出逢うところ。
あゆのゴージャスなオーラがこの曲とピッタリです。
また、撮影場所が香港だったというのも似合っていて、
夜景などの映像も綺麗でした。

MY ALL
今まで共に過ごしてきたファンや仲間たちへの想いが伝わってきます。
私もいろんな場面であゆの曲に支えられてきたけど、
あゆにとっても、そういう周りの人たちが支えになってくれてたんですね。

untitled ~for her~
実はこのアルバムは、あゆにとって最愛の女性が亡くなってしまい、
その方に捧げるアルバムだったのです。
この曲はその彼女へ捧げる曲。
あゆの率直な想いが伝わってきて、軽々しく口ずさんだりしちゃいけないなって思いました。



GUILTY(DVD付)

GUILTY(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2008/01/01
  • メディア: CD


収録曲を見る


nice!(0)  コメント(0) 

大奥 3

仲睦まじく、理想のおしどり夫婦となった家光と有功。
ところが残念なことに、二人の間には子ができなかったのです。
それを案じた春日局は、家光に側室を迎えることに。

初めの側室は「捨蔵」。
江戸で数々の女を相手に身体を売っていた男。

その外見が有功に似ていることから、春日局が自らスカウトしてきたのです。
相思相愛だった家光と有功はそう易々と受け入れられるはずもなかったが、
徳川家のためには、従うしかなく…。
互いに覚悟を決めるのです。
側室を迎えることになっても、心は離れないと。

そうして家光は捨蔵との間に姫君をもうけ、
捨蔵は「お楽の方」と女の名を与えられたのでした。

ところがその捨蔵は大怪我をして、半身不随に。
もう男として役に立つことはなく、あまりにもあっけない幕引きとなる…。

次に春日局が連れてきたのは、「溝口左京」という武家の者。
日焼けした浅黒い肌から、「お夏」と名付けられる。

一方、有功は玉栄に、一世一代の頼み事をする。
家光に世継ぎを産ませてほしいと。
最初の側室を迎えた時、有功は嫉妬に耐えることができなかった。
その証拠に、一夜を迎えた時、有功の部屋の内側は激しく荒れていた。
もう有功には、家光との間に子を成すことはできまい。
そこで玉栄に頼むというのは、わかるような気もする。
そうして玉栄は、「お玉」として、家光の側に上がることになる。


さて、この巻では、春日局が大奥の記録のことを「没日録」と名付ける有名なシーンが描かれます。
それは、ひとつの時代が終わる時。
春日局はこのまま、この国が滅びるだろうと思って名付けたのですが、どうでしょう?
春日局が描いたとおりにはなってないけど、こうして現代の我々がいて、
まだこの国は滅びていないようですよ。


大奥 第3巻 (ジェッツコミックス)

大奥 第3巻 (ジェッツコミックス)

  • 作者: よしなが ふみ
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2007/12/20
  • メディア: コミック



nice!(0)  コメント(0) 

GHOOOOOST!!

NACSシゲさんのソロプロジェクト。
シゲさんの脚本による作品です。

このお芝居、実際に見に行かせてもらったのですが、
NACSがらみのお芝居を生で観たのは、この作品が初めて。
NACS5人のお芝居よりも先に観ちゃったことになります。
当時は友人に誘ってもらって観に行って、何の予備知識もないまま観たのですが、
見事にハマってしまいました。
もう笑ったり、ほろっとしたり、大忙し。
NACSメンバーのお芝居も観たいって思ったし、そこから今に至ります。

そんな作品は、いきなりお通夜の場面から始まります。
作品のタイトルからして違和感はないのですが、
出演者がお約束の白装束で次々と現れる。
でも真っ白じゃなくて、舞台の色味にあわせて、若干薄紫がかってるのがキレイだな、と思った。

場面はヤマダサイエンス社長の山田春海が引き起こした交通事故で、
当人と、巻き込まれた身寄りのない被害者との合同葬儀。
山田春海含む3人の祭壇が用意されています。
他の2人は、北海太郎と水木しげお。
この二人がどういうかたちで巻き込まれたのかは不明ですが、
正体についてはここでは語りませんが、驚くべき人たちでした!!

それから謎のロシア人、自称「ミルゾ・ナビアノフ」
この人は祭壇すらないのですが、幽霊としておもむろに現れる。
この人もどう関係するのか、ここでは語りません。
ただ、ロシア人の役を音尾さんがやっていて、
またお得意の片言が冴えてました!!

さて、ヤマダサイエンスがどういう会社なのかわかりませんが、
AI(人工知能)の研究もしていたらしい。
実用化はしていないのですが、極秘裏に春海のカーナビにつけていたとか。
春海はAIを「キット」と名付け、キットは春海を「マイケル」と呼んでいた。
これはアメリカのドラマ「ナイトライダー」のオマージュで、
SF好きなシゲさんのバックグラウンドにもなっているのでしょうか。

そんなわけで、シゲさんの大好きなSF的要素が散りばめられてまして、
そのロジックの深さには、うならせられるものがありました。

「自分というソフトが入ったPC」という考え方からすると、
AIはプログラムなので、「ソフト」の部分に当たるかと思います。
思えば人間も、身体というハードの中に、人格というソフトを組み込んだPCじゃないかと、
常々思っていたところがあるので、この考えにはしっくりきました。
思考能力がある人工知能なら、どこにインストールされても働きそうですもんね。
幽霊の憑依についても、同じ考えをしているところが新しいな、と。

そして、人工知能も妖怪も、言ってみれば人間が造り出した生物。
劇中の言葉を借りるなら、「精神生命体」って言い方をしてたかな。
意志を持った彼らは、「人間になりたい」って思う。
あの「早く人間になりた~い!」ってやつですね。

と、一体どういう話なのかわからなくなってきたかと思いますが、
この作品には、1つの大きなテーマがあります。
それが「母親への愛情」

山田春海亡き後、会社は副社長の手塚君彦が継ぐことになります。
手塚?苗字が違う…。
そう、君彦は妾の子だったのです。

君彦の母であり、春海の愛人だった文江は、君彦が12歳の時に病気で他界。
こんな時にも会いに来ない春海に対して、君彦は憎しみを抱いていました。
これは母親を強く思っているからこその想い。
君彦を演じたのはシゲさんなのですが、こういう母親思いの息子役をやらせたら、
本当にピカイチですね!
そして、その文江訳を演じたのが、ドラマ「温泉へ行こう」でも有名な、加藤たか子さん。
ドラマのイメージそのものな天真爛漫さが、今回の文江のイメージにもピッタリでした。

今回、音尾さん以外の共演者はNACSメンバーではないので、
NACSファンにも新鮮だったのではないかと思います。
山田春海を演じた大河内浩さんは悪役名鑑にも載ってるような俳優さんで、
普段は悪代官などを演じられているそうです。
今回は全く違う柔らかい役ですが、何だかとてもセクシーでした。
北海太郎役の野仲イサオさんは、ザ・個性派俳優。
失礼ですが、何考えてるかわからない感じが、奇抜な北海太郎にピッタリでした。
そして、水木しげお訳の二瓶鮫一さんは、70代とは思えないチャーミングさ!
かわいらしい役柄ではあるんですけど、70代にしてこの役を演じきるバイタリティに脱帽!
役者にとっては基本的なことですが、与えられた役をしっかり自分のものにしていく、
それだけでなく、より面白くするために、肉付けをしていく、
それを忘れていないところがさすがです。

当時の私は、まだお芝居の勉強を始めたばかりなので、刺激受けまくりの舞台でした。
裏話で、稽古前に「ジップザップゲーム」をやっていたというのを聞いて、
プロでも基礎は変わらないんだな~、なんて身の程知らずなことも思ったり。

特典映像で、札幌公演の休演日に、シゲさんが御一行をプチ観光にご招待!
その中で名物ジンギスカンを食べていたのですが、食べ方にこだわりがあるそうですよ。
野菜をよけて肉を鉄板につけて焼くか、それとも野菜の上に肉を置いて蒸し焼き状にするか。
いつかジンギスカンを食べる機会があれば、食べ比べしてみたいと思います。

他、演出の福島三郎さんとシゲさんの、ダーツバーでのトークも必見です!!



TEAM NACS SOLO PROJECT GHOOOOOST!! [DVD]

TEAM NACS SOLO PROJECT GHOOOOOST!! [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ベルセルク 32

大空に姿を現した雷帝ガニシュカの攻撃に、
なす術もないガッツ。
そこへ現れた新・鷹の団。
あのゾッドと、ガッツは思わぬ再会を果たすこととなる。
因縁の二人ではあるが、ここは何とタッグを組んで、
ガニシュカに立ち向かうことに!!
シールケのサポートもあり、ガニシュカの本体を探り、
急所をつくことに成功した!!

とはいえ、直接本体に物理的に触れることができたわけではないので、
ガニシュカには手傷を負わせたまで。
だけど、ここでガニシュカは一時退散。
ガッツもギリギリのところで戦っていたため気を失う。

人外の者たちの戦いにガッツが巻き込まれたような形ですが、勝負はお預け。
ガッツ一行は船に乗り、ようやく出航することになります。


一方、その人外の者たちの戦いはというと、
グリフィスがガニシュカの前に姿を現していました。
あのガニシュカでさえも、その姿を前にしただけで狂わせることのできるグリフィス。
もはやかつてのグリフィスではないことは明らかなのですが、
こんな存在に、ガッツは刃を向けることができるのでしょうか。

さて地上では、クシャーンの大軍が撤退していきます。
これもグリフィスの影響によるもの。
クシャーン軍を見事に撤退させた新・鷹の団は、
かつての諸侯たちの目の前で、「ミッドランド正規軍」を名乗っていました。
そこにはシャルロットも現れ、公認のものとされていました。
グリフィスは、ゴッドハンドに転生する前の、
あの夢の続きを叶えようとしているだけなのかもしれない。

肉体を与えられたグリフィスは、すっかり、かつての姿を取り戻したようです。
シャルロットと密会して、地下に幽閉され、拷問される前の、あの栄光の姿。
今や国どころか、世界をも手に出来そうな気がしますが…。
こうなることも全て、因果律のシナリオ通りだったのかな?なんて思います。

そして、「鷹の団」と名乗り、「ミッドランド正規軍」と自称するものの、
中身はすっかり変わってしまった軍を見て、ガッツはどう思うのかな。
だけど今度こそ、キャスカと向き合ってほしいし、
自分の身体のことも大切にしてほしい。

今回はあまりガッツの動くところは見られませんでしたが、
こういう時も必要です。
さぁ、いよいよキャスカの心の旅へ向けて、船出!
船旅は初めての展開なので、何だかワクワクします。



ベルセルク 32 (ジェッツコミックス)

ベルセルク 32 (ジェッツコミックス)

  • 作者: 三浦 建太郎
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2007/11/29
  • メディア: コミック


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SMILER

タイトル通り、明るく笑えたり、ほっこり笑顔になれる曲が集まりました!
卓偉さんがピエロのように、笑顔を届けにきてくれた気がします。

お願い胸騒ぎ
サビ以外は台詞?調になってます。
かなりの長ゼリですが、キレッキレで、
個人的にはジョーカー的なイメージ。
そういえばジャケットもジョーカーを思わせるような
いい表情してますもんね。
まさにこの人がパフォーマンスしてるな、って感じです。

SYSTEMATIC
職場が変わって毎日同じ電車に乗ってるのですが、
そうすると確かに毎日決まった顔ぶれが並んでいて、
そのうち、勝手なイメージであだ名つけたり吹き出しつけたりしそうです。
逆に私も何かしら思われてるんだろうな。

CRY CRY CRY
思い通りにいかなくて泣きたくなる時もあるけど、
そんな時は思い切り泣いちゃっていい。
涙は心のデトックスです。

SMILE
歌詞がストレートですごくわかりやすく、元気をくれる曲です。
難しいこと考えずに、悩んだ時は是非聞いてほしい1曲。

さすらいのGUITAR MAN
コーラスの「シュビシュビ リンリン ブーヤ ブーヤ」が
まるで呪文のように頭から離れない~!
みんなで歌ったら楽しそうな曲です。

コードネーム 1091
「1091」って卓偉さんの意味ですよね?
まるで卓偉さんが秘密組織のエージェントになって、
俊敏に走り回ってるような画が浮かびました。
最後に「そんなの無理だって!」って言うオチがいいですね。

はじまりの唄
5年いた前職を離れ、転職した今の状況に、ものすごく響きます。
私にとっては悲しい別れではなく、新たな始まりなのですけどね。
まぁでも寂しい部分もないわけじゃなく。
それほど素晴らしい出会いだったんだと思うし、
前職も縁があってのことで、出会えて良かったと思っています。



SMILER

SMILER

  • アーティスト: 中島卓偉,増本直樹
  • 出版社/メーカー: ZETIMA
  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 

LAS VEGAS

活動休止を経てかなり久しぶりに発売されたオリジナルアルバム。
音楽プロデューサーの小林武史さんプロデュースによるものです。
この年に発売された復帰シングルからプロデュースされていますが、
小林さんとはその数年前から接触していたようですね。
活動休止の間も着々と準備をしていて、満を持して発表された作品だと思います。


Sweet Rosemary
カントリーを基調とした楽曲。
映画「ギルバート・グレイプ」をモチーフとして書いた曲で、
確かに、この青春映画の雰囲気にマッチします。
また、復帰後から歌詞の書き方が変わってきたようで、
普遍的な歌詞を書いていきたいという歌詞に近付けた曲なんだそうです。
今までの難しい単語が羅列した、ちょっと近寄りがたい歌詞に比べたら、
だいぶ親近感があって、距離感が近く、
歌詞の内容がストレートに入ってくるので、聴きやすいと思います。
本人曰く、「このアルバムの中心になると考える曲」だそうで、
当時の鬼束さんの姿勢を、率直に表現した曲なんだろうな、と思いました。

bad trip
映画「スパン」を見て書かれたバラードで、
音楽監督を担当したビリー・コーガンだったら、こういう曲を書くだろう
というイメージで書かれたそうです。
全編英語詞で、洋画の挿入歌として流れても良さそうな仕上がり。
アルバム全体を通して旅をイメージして制作されているそうで、
この曲はそのテーマそのものですね。
ちなみに本人は旅は嫌いだそうですが、人生とは長い旅のようなもので、
そういう大きな括りでのテーマだと考えればよいと思います。

蝋の翼
ギリシャ神話のイカロスがモチーフ。
イカロスといえば、よく小学校で歌われる「勇気一つを友にして」の重苦しいイメージがありますが、
対照的に明るいイメージに仕上がっていて、
ポップス的要素を押し出したバンドサウンドになっています。
私の中のイカロスのイメージが、一気に前向きなものに一新しました!

僕等 バラ色の日々
ピアノとストリングスを基調としたロックバラード。
「バラ色の日々」と字面で見れば楽しいイメージなのですが、
そのイメージを繰り返し求めることに対する皮肉を込めているそうです。
楽曲全体の世界観を、「その何度も何度も繰り返す行為が表す人生観を絶望的にぼんやり見ている感じ」
「絶望と手をつないで歩いている感じ」と説明しています。
聴いていると、ふっと絶望感に捉われるような感覚があります。

amphibious
タイトルの意味は、人間に使う場合「二重人格」として使われますが、
本人は「両性具有」の意味をもって書いたそうです。
こういう大胆なロックナンバーも、今までにはなかったアプローチかも。

MAGICAL WORLD
復帰第一弾シングル「everyhome」のカップリング曲ですが、
アルバムバージョンとして再録音されています。
ボーカル・ピアノ・チェロの構成だったシングルバージョンに対し、
ストリングスとパーカッションが加わっています。
本人曰く小林武史さんのイメージをもってして曲を作ったそうで、
小林さんのことを寂しい部分も持っている人なのではないかと想像して書いたそうです。
何となくですが、アーティストや音楽プロデューサーって、
孤高なイメージがあるような気がして、
まぁ職業柄そういうものなのかもしれませんが、
そういう部分でしっくりきました。

A Horse and A Queen
鬼束さんが21歳の時に作った曲なので、以前のレコード会社にいた頃から存在していたものの、
お蔵入りされていたようです。
なので、初期の頃に発表された曲の曲調を踏襲しています。

Rainman
このアルバムには収録されていないですが、シングル曲「育つ雑草」のカップリング曲でした。
その時は初めて自身がピアノ弾き語りを披露した楽曲でしたが、
このアルバムではバンドサウンドで構成されています。
全編英語詞なのですが、文法に忠実にするため、
和訳を元に一部英語詞を加筆修正した箇所もあるそうです。
和訳を見ての印象ですが、なんて優しい歌なんだと。
雨は涙などの比喩かもしれないけど、そんな「雨」が止むのを、
ただ黙って側にいて待ってくれる。
そんなミスター・レインマンの存在に、ほっこりしました。

Angelina
20歳の時に作られた曲なので、このアルバムの中では一番古く作られた曲となります。
タイトルはアンジェリーナ・ジョリーから付けられたそうです。
個人的には、アンジェリーナ・ジョリーといえば強い女性のイメージが大きくて、
正直、こういう感じの曲のタイトルとしては意外だったんですけど。
ただ、その強さの裏にある繊細さのようなものを、
鬼束さん独自の感受性で感じ取ったのではないかと思います。

BRIGHTEN US
讃美歌をイメージして作られた曲で、全編アカペラで歌唱されています。
こちらも全編英語詞なのですが、歌詞のニュアンスは英語詞のままの方が伝わるだろうという、
本人の意向から、この曲のみ日本語訳詞が付けられていないのです。
中学・高校時代に毎日歌っていたので、讃美歌にはなじみがあり、
英語で讃美歌を歌う機会も多くあったのですが、
実際の讃美歌と間違えそうなくらいの出来です。
歌詞のワードだとか、讃美歌らしい旋律の運び方とか、完璧だと思いました。

everyhome
活動休止からの復帰シングル。
ピアノのみというシンプルな構成で制作されたバラードで、
小林さんのピアノとの同時収録となっています。
風が大きなテーマになっているそうで、映画「フォレスト・ガンプ」を観ていたら曲が出来た、
と本人が語っています。


全体の印象として、カントリー・バラード・ロック・ポップス・讃美歌など、
これまでの作品には見られなかったほど楽曲ジャンルが多彩で、
バラエティに富んだ仕上がりになっています。
また、数々の映画の影響を得ている楽曲も多く、
活動休止の期間が、ほどよい充電期間になったのではないかな、と思いました。



LAS VEGAS

LAS VEGAS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
  • 発売日: 2007/10/31
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 

D-魔道衆

前作までDシリーズを出版していた朝日ソノラマが解散して、
朝日文庫から「ソノラマセレクション」として発売された第一号です。
だからといって、シリーズの内容が大きく変わるわけではないですけども。
個人的には、私の地元の本屋さんでは、朝日文庫の棚に置かれるようになり、
ライトノベルとは一線を画すような気がしていました。

また、この作品については、携帯配信で連載されていたものが、
一冊にまとまって収録されています。
今、本のデジタル化も進んでいて、本を買う人が少なくなってしまったのかな?
とも思うのですが、それはそれでデジタル世代にも新たなファンが増えればいいかな、と。
Dは私が生まれる前から始まっていた、長~いシリーズです。
不老不死のようにいつ終わるかわからない、まだ終わってほしくないシリーズではありますが、
新しい世代も巻き込んでいけたらいいな、なんて勝手に思っています。

ちょっと前置きが長くなりましたが…
今回のD、だいぶボリューミーです。
それは、本の厚さ(=ページ数)が物語っている。
だいぶ初期の頃の作品に分厚いものがありましたが、それに匹敵するくらい。
それだけに登場人物も多く、相関図がやや複雑です。

話の本筋としては至ってシンプル。
三百年前に人間たちによって無残に虐殺された貴族が、時を経て蘇り、
その子孫たちに復讐をしようとしている。
過去にも貴族の怨念がらみのお話があったかと思いますが、
貴族は案外、根に持つタイプのようですね。
徒に長い生命を持つと、どうしてもそうなってしまうのかな。

今回、人間に復讐を果たそうとしているのは、ゼノ一族。
ゼノ公爵の倅と4人の従兄弟たちは虐殺の難を逃れ、地下墓所で眠っていた。
先祖たちにより三百年間は入り口を塞がれ、監視下にあったが、その禁が解かれ復活する…。
そんな中、ちょうどタイミング悪く、村長の娘アネットが、都から帰ってくる。
村長と娘は、三百年前にゼノ一族を虐殺したドミニク=クリシュケンの子孫だった!
そこで村長は、5人のハンターを雇うのですが、ここにDは含まれていません。

Dが物語に関わってくるのは本当に偶然。
アネットが、父が雇ったハンターのことなど何も知らず、自力で帰ってくる道中のことでした。
馬車に乗ったアネットの前に、ゼノ第一分家のヘイデン男爵が立ちはだかる。
そこへたまたま通りかかったD。
特に依頼をされていないのでこの貴族を狩る予定はなかったのですが、
貴族の方が挑発をしてきたため、始末することになる。

そのまま立ち去ろうとするDを、アネットは雇うことに。
左手とアネットの金額交渉のやり取りが面白かったです。
Dって意外と、金額はまちまちですが、いろんな人に雇われる気がする。
アネットみたいに裕福な人からはガッポリ、
そうじゃなければそれなりの金額で応じているようです。

こうしてアネットを村まで送り届ける旅が始まり、
アネットを狙う貴族は4人となりました。
ところがDの旅に「道連れ」はつきもので、今回もまた予期せぬ同行者が登場します。
宿泊した村で出会った少年ピックは、幼いながらも過酷な運命をたどってきたもので、
生き抜くための術を身に着けていました。
そんな健気な少年にDは好感を抱いたのか、どうも他の人に接する態度とは違う気がする。

のっぴきならない事情もありつつ、少年の同行をあっさり快諾。
このまま順調に進むかと思いきや、そうはいきません。
もうひとり謎の男が合流し、その結果、Dは解雇されることに。
Dはこの男の怪しさには気がついていて、
そもそもアネットの護衛にそこまでこだわりがあったわけでもなく、
もともと別の目的があったのでは?なんて思ったり。

アネットと別れてしまったD。
もちろん、こんな不消化な状態で話は終わるわけではありません。
偶然か運命のイタズラか、Dはまたアネット達の前に現れます。
しかも、当初のゼノ一族など足元にも及ばないような大貴族、ドラゴ大公も登場!
大公は神祖クラスではないかと思えるくらいの大物です。

その大公が人間を使って何の実験をしていたのか。
今までのDシリーズを読んでる方なら、何となく察しがつくかと思いますが…。
そして、それこそがDシリーズに脈々と流れる永遠のテーマなんだと思います。
大公とともに実験をしていたジュヌヴィエーヴ伯爵夫人。
彼女は人間に尊敬の念を抱いていました。

人間はどんなに憧れても不死身にはなれない。
不死身になること=それは種としても人間ではなくなってしまうこと。
人間の魂はそれを許さない。
それが人間の尊厳というものです。

それにしても、ドラゴ大公が登場してからの、ゼノ一族の雑魚っぷりが笑えました。
稀に大公みたいな神祖級の大物が出てきますが、貴族にもいろいろいるんですね。

ところで、Dの世界観は遠い未来なはずなのに、アナログというか、
中世のアンティークな世界観が共存していること。
吸血鬼といえばやっぱりクラシックな世界観がつきもので、
だからこそ未来の時代設定でも違和感なく受け入れられるんですよね。

今回もこれだけ未来で、恐ろしい実験なんかもしていて、技術的には進んでいるはずなのに、
通信や情報収集に、虫や鳥を使うという。何というアナログ!
そういえばDの中で電話って見たことないな。
そういう雰囲気が大事なんですよね。



D-魔道衆 吸血鬼ハンター19 (朝日文庫 ソノラマセレクション)

D-魔道衆 吸血鬼ハンター19 (朝日文庫 ソノラマセレクション)

  • 作者: 菊地 秀行
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2007/10/05
  • メディア: 文庫


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0)