So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

LAS VEGAS

活動休止を経てかなり久しぶりに発売されたオリジナルアルバム。
音楽プロデューサーの小林武史さんプロデュースによるものです。
この年に発売された復帰シングルからプロデュースされていますが、
小林さんとはその数年前から接触していたようですね。
活動休止の間も着々と準備をしていて、満を持して発表された作品だと思います。


Sweet Rosemary
カントリーを基調とした楽曲。
映画「ギルバート・グレイプ」をモチーフとして書いた曲で、
確かに、この青春映画の雰囲気にマッチします。
また、復帰後から歌詞の書き方が変わってきたようで、
普遍的な歌詞を書いていきたいという歌詞に近付けた曲なんだそうです。
今までの難しい単語が羅列した、ちょっと近寄りがたい歌詞に比べたら、
だいぶ親近感があって、距離感が近く、
歌詞の内容がストレートに入ってくるので、聴きやすいと思います。
本人曰く、「このアルバムの中心になると考える曲」だそうで、
当時の鬼束さんの姿勢を、率直に表現した曲なんだろうな、と思いました。

bad trip
映画「スパン」を見て書かれたバラードで、
音楽監督を担当したビリー・コーガンだったら、こういう曲を書くだろう
というイメージで書かれたそうです。
全編英語詞で、洋画の挿入歌として流れても良さそうな仕上がり。
アルバム全体を通して旅をイメージして制作されているそうで、
この曲はそのテーマそのものですね。
ちなみに本人は旅は嫌いだそうですが、人生とは長い旅のようなもので、
そういう大きな括りでのテーマだと考えればよいと思います。

蝋の翼
ギリシャ神話のイカロスがモチーフ。
イカロスといえば、よく小学校で歌われる「勇気一つを友にして」の重苦しいイメージがありますが、
対照的に明るいイメージに仕上がっていて、
ポップス的要素を押し出したバンドサウンドになっています。
私の中のイカロスのイメージが、一気に前向きなものに一新しました!

僕等 バラ色の日々
ピアノとストリングスを基調としたロックバラード。
「バラ色の日々」と字面で見れば楽しいイメージなのですが、
そのイメージを繰り返し求めることに対する皮肉を込めているそうです。
楽曲全体の世界観を、「その何度も何度も繰り返す行為が表す人生観を絶望的にぼんやり見ている感じ」
「絶望と手をつないで歩いている感じ」と説明しています。
聴いていると、ふっと絶望感に捉われるような感覚があります。

amphibious
タイトルの意味は、人間に使う場合「二重人格」として使われますが、
本人は「両性具有」の意味をもって書いたそうです。
こういう大胆なロックナンバーも、今までにはなかったアプローチかも。

MAGICAL WORLD
復帰第一弾シングル「everyhome」のカップリング曲ですが、
アルバムバージョンとして再録音されています。
ボーカル・ピアノ・チェロの構成だったシングルバージョンに対し、
ストリングスとパーカッションが加わっています。
本人曰く小林武史さんのイメージをもってして曲を作ったそうで、
小林さんのことを寂しい部分も持っている人なのではないかと想像して書いたそうです。
何となくですが、アーティストや音楽プロデューサーって、
孤高なイメージがあるような気がして、
まぁ職業柄そういうものなのかもしれませんが、
そういう部分でしっくりきました。

A Horse and A Queen
鬼束さんが21歳の時に作った曲なので、以前のレコード会社にいた頃から存在していたものの、
お蔵入りされていたようです。
なので、初期の頃に発表された曲の曲調を踏襲しています。

Rainman
このアルバムには収録されていないですが、シングル曲「育つ雑草」のカップリング曲でした。
その時は初めて自身がピアノ弾き語りを披露した楽曲でしたが、
このアルバムではバンドサウンドで構成されています。
全編英語詞なのですが、文法に忠実にするため、
和訳を元に一部英語詞を加筆修正した箇所もあるそうです。
和訳を見ての印象ですが、なんて優しい歌なんだと。
雨は涙などの比喩かもしれないけど、そんな「雨」が止むのを、
ただ黙って側にいて待ってくれる。
そんなミスター・レインマンの存在に、ほっこりしました。

Angelina
20歳の時に作られた曲なので、このアルバムの中では一番古く作られた曲となります。
タイトルはアンジェリーナ・ジョリーから付けられたそうです。
個人的には、アンジェリーナ・ジョリーといえば強い女性のイメージが大きくて、
正直、こういう感じの曲のタイトルとしては意外だったんですけど。
ただ、その強さの裏にある繊細さのようなものを、
鬼束さん独自の感受性で感じ取ったのではないかと思います。

BRIGHTEN US
讃美歌をイメージして作られた曲で、全編アカペラで歌唱されています。
こちらも全編英語詞なのですが、歌詞のニュアンスは英語詞のままの方が伝わるだろうという、
本人の意向から、この曲のみ日本語訳詞が付けられていないのです。
中学・高校時代に毎日歌っていたので、讃美歌にはなじみがあり、
英語で讃美歌を歌う機会も多くあったのですが、
実際の讃美歌と間違えそうなくらいの出来です。
歌詞のワードだとか、讃美歌らしい旋律の運び方とか、完璧だと思いました。

everyhome
活動休止からの復帰シングル。
ピアノのみというシンプルな構成で制作されたバラードで、
小林さんのピアノとの同時収録となっています。
風が大きなテーマになっているそうで、映画「フォレスト・ガンプ」を観ていたら曲が出来た、
と本人が語っています。


全体の印象として、カントリー・バラード・ロック・ポップス・讃美歌など、
これまでの作品には見られなかったほど楽曲ジャンルが多彩で、
バラエティに富んだ仕上がりになっています。
また、数々の映画の影響を得ている楽曲も多く、
活動休止の期間が、ほどよい充電期間になったのではないかな、と思いました。



LAS VEGAS

LAS VEGAS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
  • 発売日: 2007/10/31
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

D-魔道衆

前作までDシリーズを出版していた朝日ソノラマが解散して、
朝日文庫から「ソノラマセレクション」として発売された第一号です。
だからといって、シリーズの内容が大きく変わるわけではないですけども。
個人的には、私の地元の本屋さんでは、朝日文庫の棚に置かれるようになり、
ライトノベルとは一線を画すような気がしていました。

また、この作品については、携帯配信で連載されていたものが、
一冊にまとまって収録されています。
今、本のデジタル化も進んでいて、本を買う人が少なくなってしまったのかな?
とも思うのですが、それはそれでデジタル世代にも新たなファンが増えればいいかな、と。
Dは私が生まれる前から始まっていた、長~いシリーズです。
不老不死のようにいつ終わるかわからない、まだ終わってほしくないシリーズではありますが、
新しい世代も巻き込んでいけたらいいな、なんて勝手に思っています。

ちょっと前置きが長くなりましたが…
今回のD、だいぶボリューミーです。
それは、本の厚さ(=ページ数)が物語っている。
だいぶ初期の頃の作品に分厚いものがありましたが、それに匹敵するくらい。
それだけに登場人物も多く、相関図がやや複雑です。

話の本筋としては至ってシンプル。
三百年前に人間たちによって無残に虐殺された貴族が、時を経て蘇り、
その子孫たちに復讐をしようとしている。
過去にも貴族の怨念がらみのお話があったかと思いますが、
貴族は案外、根に持つタイプのようですね。
徒に長い生命を持つと、どうしてもそうなってしまうのかな。

今回、人間に復讐を果たそうとしているのは、ゼノ一族。
ゼノ公爵の倅と4人の従兄弟たちは虐殺の難を逃れ、地下墓所で眠っていた。
先祖たちにより三百年間は入り口を塞がれ、監視下にあったが、その禁が解かれ復活する…。
そんな中、ちょうどタイミング悪く、村長の娘アネットが、都から帰ってくる。
村長と娘は、三百年前にゼノ一族を虐殺したドミニク=クリシュケンの子孫だった!
そこで村長は、5人のハンターを雇うのですが、ここにDは含まれていません。

Dが物語に関わってくるのは本当に偶然。
アネットが、父が雇ったハンターのことなど何も知らず、自力で帰ってくる道中のことでした。
馬車に乗ったアネットの前に、ゼノ第一分家のヘイデン男爵が立ちはだかる。
そこへたまたま通りかかったD。
特に依頼をされていないのでこの貴族を狩る予定はなかったのですが、
貴族の方が挑発をしてきたため、始末することになる。

そのまま立ち去ろうとするDを、アネットは雇うことに。
左手とアネットの金額交渉のやり取りが面白かったです。
Dって意外と、金額はまちまちですが、いろんな人に雇われる気がする。
アネットみたいに裕福な人からはガッポリ、
そうじゃなければそれなりの金額で応じているようです。

こうしてアネットを村まで送り届ける旅が始まり、
アネットを狙う貴族は4人となりました。
ところがDの旅に「道連れ」はつきもので、今回もまた予期せぬ同行者が登場します。
宿泊した村で出会った少年ピックは、幼いながらも過酷な運命をたどってきたもので、
生き抜くための術を身に着けていました。
そんな健気な少年にDは好感を抱いたのか、どうも他の人に接する態度とは違う気がする。

のっぴきならない事情もありつつ、少年の同行をあっさり快諾。
このまま順調に進むかと思いきや、そうはいきません。
もうひとり謎の男が合流し、その結果、Dは解雇されることに。
Dはこの男の怪しさには気がついていて、
そもそもアネットの護衛にそこまでこだわりがあったわけでもなく、
もともと別の目的があったのでは?なんて思ったり。

アネットと別れてしまったD。
もちろん、こんな不消化な状態で話は終わるわけではありません。
偶然か運命のイタズラか、Dはまたアネット達の前に現れます。
しかも、当初のゼノ一族など足元にも及ばないような大貴族、ドラゴ大公も登場!
大公は神祖クラスではないかと思えるくらいの大物です。

その大公が人間を使って何の実験をしていたのか。
今までのDシリーズを読んでる方なら、何となく察しがつくかと思いますが…。
そして、それこそがDシリーズに脈々と流れる永遠のテーマなんだと思います。
大公とともに実験をしていたジュヌヴィエーヴ伯爵夫人。
彼女は人間に尊敬の念を抱いていました。

人間はどんなに憧れても不死身にはなれない。
不死身になること=それは種としても人間ではなくなってしまうこと。
人間の魂はそれを許さない。
それが人間の尊厳というものです。

それにしても、ドラゴ大公が登場してからの、ゼノ一族の雑魚っぷりが笑えました。
稀に大公みたいな神祖級の大物が出てきますが、貴族にもいろいろいるんですね。

ところで、Dの世界観は遠い未来なはずなのに、アナログというか、
中世のアンティークな世界観が共存していること。
吸血鬼といえばやっぱりクラシックな世界観がつきもので、
だからこそ未来の時代設定でも違和感なく受け入れられるんですよね。

今回もこれだけ未来で、恐ろしい実験なんかもしていて、技術的には進んでいるはずなのに、
通信や情報収集に、虫や鳥を使うという。何というアナログ!
そういえばDの中で電話って見たことないな。
そういう雰囲気が大事なんですよね。



D-魔道衆 吸血鬼ハンター19 (朝日文庫 ソノラマセレクション)

D-魔道衆 吸血鬼ハンター19 (朝日文庫 ソノラマセレクション)

  • 作者: 菊地 秀行
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2007/10/05
  • メディア: 文庫


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

Reverse

ちょうどホタルノヒカリがドラマ化した頃に発売されたアルバム。
この高野部長が本当にカッコ良くて、
今でも、藤木さんが演じられた役の中で一番好きです。
そんな大人の魅力と爽やかさを兼ね備えた藤木さんのアルバム。

この年は藤木さんのCDデビュー8周年。
タイトルの「Reverse」は意外にもUNOのリバースのカードからきてるそうで、
数字の8がリバースのマークに似てるなっていう。
そこから「Reverse」の意味自体も「再生」という、
とても大切な意味を持つ言葉でもあって、採用されたそうです。
まさかそんなところから繋がるとは!!
だからジャケットのリンゴにも、
8のようなリバースのような、そんなマークが描かれているのですね。

陽はまた昇る
ちょっとドジで、クスッと笑えるエピソードが歌詞に散りばめられているのですが、
そんなこといちいち気にしない!って気分爽快な曲です。
どんなことがあっても陽は昇って、明日は必ずやってくる。
そんな日々をがむしゃらに生きるだけ。

プラネタリウム
すごく深くて、難しい世界観だなっと思いました。
斬新だったのはプラネタリウムの捉え方。
「広すぎる宇宙が受け入れられなくて、限りある世界を選んだ」と。
プラネタリウムはリアルに近づけたものだけど、限りある世界。
そこに描かれる星屑も紛い物なんだけど、
私にとってはそのくらいのリアルで十分。
そうじゃないと理解できないよ、宇宙なんて。

Tuning Note
作詞はポルノの晴一さん!
人との関係をギターのチューニングに例えていて、
晴一さんらしい視点だと思いました。
それはそうと、この二人の交流はいつの間に!?
ギタリスト同士、通じるものがありそうですね。

Dinosaur
環境問題で、一番の被害にあったのはダイナソー(=恐竜)でしょう。
自分たちではどうすることもできない環境の中、
どんな想いで滅んでいったのか、興味があります。
滅びとか去り際というものは、ロマンがありますね。

Splash !
おしゃれイズムの二代目テーマ曲(インスト)です。
タイトル通り、弾けるようなみずみずしい曲で、
涼しげでとてもオシャレです。
途中、夏の夕暮れのようにムーディーな展開をするところがあって、
その部分はテレビでは聞けなかったから貴重です。

センチメンタルストリート
秋から冬にかけて、まさに今頃の時期にピッタリ。
すっかり気温も低くなってきて、空気が秋めいてくると、
不思議とどことなくセンチメンタルな気分になるものです。
私の中の秋のイメージもそんな感じ。

PARADISE
色気たっぷりのAメロから、めくるめく楽園へ誘われるような雰囲気で、
サビでは、心地よいメリーゴーラウンドに揺られるように、虜になってます。

ウインターワンダーラヴ
ストレートな王道ウインターソング!
まだちょっと早いですが、
これからクリスマスに向けて、気分を高めてくれそうですね。

Partyはこれから
こちらも、これからのパーティーシーズンにむけて、
ノリノリでウキウキする曲です。
藤木さんと女性コーラスの絡みが、
オトナの社交場の模様を赤裸々に表現しているようです。

ヤサシイヒカリ
本当に優しさにあふれた曲で、歌詞の1語1語にとても励まされました。
どうしようもない事は誰だってあって、自分ばかりが不幸なんじゃない。
辛いことがあっても、それでまた自分を成長させる糧にもなる。
うつむいてばかりじゃなくて、前向きになろうと、何度も立ち上がらせてくれます。

Oh, Yes
環境問題だとか、平和だとか、いろんな社会問題があふれていて、
本当は夢を描いたり、歌を歌っている場合じゃないのかもしれない。
かといって革命を起こせるような技量も勇気もなければ、
できることなんて限られてる。
表現活動とは、そういうものであってほしい。
正解を伝えるものではないけど、メッセージを伝えることはできる。
誰もが思う「自分にできることは何か」
表現者として、そんな迷いと、前向きに向き合う姿勢を、伝えてくれてる気がしました。



Reverse

Reverse

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

FREEDOM

CASCADEが再結成する前、メンバーがそれぞれの活動をしていた頃。
ソロ活動をしていたTAMAちゃんでしたが、
一時バンドを結成するも、残念ながら解散してしまう。
その後、CASCADEのドラマーHIROSHIさんと組んだバンドが「DIG DAG」なのです。
TAMAちゃんの歌う機会がまた与えられてほっとしました。
しかも今度はHIROSHIさんと一緒で、
またHIROSHIさんの冴えたドラムが聴けるのが嬉しかったです。

インストが2曲入っているのですが、どちらもクールで、カッコイイんですよ。
CASCADE時代にはなかった音楽です。


Here We Go!!!
DIG DAGとして活動を始める決意表明を感じました!
音楽はCASCADE時代を彷彿とさせる感じ。
やっぱり彼らは彼らのスタイルであってほしいと思うのです。

My Girl
出だしの重低音とそこから続くイントロからしてもうカッコイイ。
擬音いっぱいの面白い歌詞を、ラップ(?)で歌います。
ところがそこからメロディアスに展開し、ポジティブなサビに惹かれました。
一言で言って、この曲自体が最初から最後まで私のツボなんだと思います。

CRAW FISH
CRAW FISHとは、料理用のザリガニだそうです。
何だろう?なぜかしっくりくる。
あんまり水の中に泳いでいるイメージないもんね。
型どおりの人生なんて振り切ってしまえ!ってとこかな。

S.O.S
こうして揶揄する感じが懐かしい!
どこか外側から眺めて、冷めた目線の歌詞が、昔を思い出しました。

エンジェル
ちょっとダークなエンジェル。
だけどサビでは本当にスーッとどっかに飛んでいっちゃいそうです。

リゾラバベイベ
モーレツにハジけちゃって、どちらかというと夏に聞きたい感じ。
「モーレツ」とかちょっと懐かしいワードでも、
なぜかTAMAちゃんが歌うとあまり違和感を感じないんですよね。



FREEDOM

FREEDOM

  • アーティスト: DIG DAG,DIG DAG,DIG DAG & Morrissey & Naoki
  • 出版社/メーカー: posh records
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ホタルノヒカリ 10

前巻で大失恋した蛍。
その後、何かと散財して、すっかり文無しになってしまったのでした。
そんな蛍が向かったのは…古巣の家!
通帳の残高を見る生々しい1コマがありましたが、私も他人事じゃない!!
給料日前に残高見るの怖くて、
何か内職とか副業した方がいいかな、なんて本気で考えたり。

そして蛍は、また部長との同居生活を再開させたのでした。
今回は、大家と住人という関係ではなく、何と家政婦として住まわせることに!
住みこみ雇いとして家賃は免除、出来によっては家政婦代も払われるという契約(?)。
その給金は、部長の採点によって決まります。律儀に採点表までつけて。
こんな会社でも家でも気が抜けないなんて…!って思いがちですが、
まんざらでも無さそうなのですよね。

それは部長の言うことが理にかなっていて、
ちゃんと蛍の頑張りを見てくれる人だから。
職場にいてほしい上司は、こうして適切に評価、アドバイスをしてくれる人だよね。

蛍と部長がクローゼットの整理をしている時のこと。
ちょうど私も今、断捨離をしていまして、ものすごく為になった。
持ってる服の整理も把握もできてないから、
似たような服とか、結局あまり着なくなっちゃう服なんかを買うんだよね。
確かに、そういうのが金欠の原因となるんだよ。
それから、買った服のメンテナンスをすること。
自分でアイロンもかけられないヤツが、クリーニングに出すなんて、100年早い!って、
肝に銘じます。
それもそうだけど、本当はもっと手入れがいのある服を買えばいいんですよね。
いい年なんだし。
普通に就職してキャリアを積んでいれば、今頃そういう服をちゃんと選んでるんだろうけど。
一生モノは、私が生涯大切にできる「生業」に出会えたら、考えてみようと思う。

断捨離をしてると、不思議と捨てられるものが次から次へと出てくるんですよね。
あの時はあんなに捨てられなかったのに、どうして今は捨てられるんだろうって。
部長が言うように、「愛情」ではなく「執着」なのかなって気づけたからなのかも。
こういうところからでも、変わらなきゃって思ってるからかな。

こうして蛍の日常は戻り、休日の恋人と過ごす予定はなくなったわけですが…、
蛍にしてみれば、思うままにリラックスして過ごせる休日が戻ってきたわけであり、
それはもう、干物なのに水を得た魚のよう。
私も予定のない休日はとことん何もしたくないので、この気持ちわかる~!
でも蛍はまだ干物生活に戻ってきたばかりで、部長の達観した休日の過ごし方を見て、
ちょっと焦ってたけど、私は気にしな~い。
パーティーなどの華やかな場所なんて、ほど遠いもんです。
蛍が言うところの「羽衣(=ショール)」なんて、
20代の時に一度くらい身に着けたことがあったかどうか。
ハイ、枯れ切ってます。

そんな蛍の今年のクリスマスは…誰かのために頑張るクリスマス。
殿と優華をくっつけるために奔走します。
どうして蛍は、自分のことはさておき、人のおせっかいばっかり焼いてしまうのだろう。
だけどこれがまたマヌケな方向に行ってしまい…それはまた次巻!


今回は番外編として、蛍がSWに就職する時の物語が収録されています。
蛍の干物っぷりは今に始まったことではなく、大学生の時から。
就活もそんなに力入れてなくて、面接もマニュアルの完コピだったりするのですが、
そこを後の部長に突っ込まれる!
そこで語られた蛍のポリシーが、干物女の神髄となるのですが、一理あると思うんですよ。
生半可な気持ちでぐうたらしてるわけじゃない。
平日がんばって、お休みはとことんリラックスする。要はメリハリですよね。

私の本当にやりたいことは、簡単に叶えられるものではない。
もしかしたら一生叶えられないかもしれない。
だけどいつまでも好きなことばかりやってられるわけでなく、
生きてくためにはどこかで折り合いをつけないといけない。
その折り合いをつけるにしても、まだ私は納得できる仕事に出会えてないんだな。
一番にやりたいことじゃないにしても、一生懸命打ち込める職場に出会いたい。
生活の基盤を安定させて、趣味の延長でもいいから、思い切り好きなことができたらなぁ。
好きなことを仕事にするのは難しい。
だけど私なりに、今できることと、これからやりたいことと、バランスよく両立させたい。
ただそれだけなのに。

こうして、私も今、恐らく最後になるであろう転職活動をしています。
早く落ち着いて、全てがうまく回ってくれたらいいのにな。



ホタルノヒカリ(10) (Kissコミックス)

ホタルノヒカリ(10) (Kissコミックス)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/10/12
  • メディア: Kindle版


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

2007

アルバム収録曲の「青空の破片」に関する収益は、
「夏目雅子ひまわり基金」及び「夏目雅子ひまわり基金の推薦団体」に寄付されます。
夏目雅子さんが好きだったひまわりは、SOPHIAのデビューシングル曲で、
SOPHIAにとっても縁のある花。
都さんも悪性リンパ腫と闘病して克服していたので、
力強いメッセージ性を感じます。

燃え尽きる太陽
1曲目からガツンとくる曲。
1日の最後に、夕陽が真っ赤に燃えて沈んでいく情景が浮かびます。
そう毎日、綺麗な夕陽が見えるわけじゃないけど、
本当に燃えるような真っ赤な夕陽を見た時の感慨は、何とも言えないですよね。

モラトリアム人間
心理学用語で、いわゆる「ピーターパン・シンドローム」と同じ。
ちょうど隣国のことが歌詞に出てきまして、何とタイムリーなんだと。
どうにか冷静に対応できないものか、とニュースを見ながら思います。

そんな私も偉そうなことは言えず、モラトリアムな類だと思う。
大人になんか全然なりきれてない。
学生時代と同じことを繰り返してるだけじゃないか。
生まれた意味、生きてる理由を探し続けてる。
答えは出なくても、一生を貫く芯のようなものが見つかればいいのにね。

bell
珍しくスイングのようなAメロから、サビの疾走感に移行するのがワクワクします。
何かを始めるには、終わらせないといけないものがある。
今の私もそんな状況。
節目の年で、ベルが鳴ったのです。
踏み出すと決めたのだから、もう振り返らない。

easy street story
周りの同世代はとっくに根を張って、家庭を持ったりしているだろうに、
私は相変わらず好き勝手に生きてる。
それが私の人生です。ほっとけ。

君と月の光
まるで時を刻むようなリズムのAメロと、
雄大なメロディーのサビに、とても癒されます。
じっくり自分と向き合って、自分の小ささを感じるけど、
その先に、月光のような静かな希望を感じることもできる。

青空の破片
かの有名な「愛の賛歌」のカバー。
松岡さんが改めて詞を書いています。
松岡さんらしい、内省的な歌詞。
欠けた心の破片を、生まれおちた道で探していく。
この考え方がすごく好きです。
完璧な心の人間なんてそうそういないはずで、
「かけた心を何で埋めるか」
これは人それぞれのテーマだと思います。
だからこそ、歌詞の最後の「ありがとう」が響くのでしょう。
心からの「ありがとう」、言えてないな。

stain
今も変わらず生まれ育った街に住んでいて、
ここから都会に働きに行って、帰ってくる。
そんな毎日だから、あまり都会に染まった感はないです。
だけど今、その生まれ育った街が大きく変わろうとしていて、
それはすごく寂しく、激しく動揺しています。

in the future
澄んだ音色のイントロがすごく綺麗で、引き込まれるように聞いていると、
曲自体は疾走感のある曲で、爽やかな青春時代にタイムスリップするかのよう。
未来はいつも見えないけど、あの頃と違うことは、
無限の未来の中でも、ある程度の限界が出てきてしまったこと。
あの頃は無謀なことでも夢見ることができたけど、
今はそれがはっきり無謀だとわかってしまう。
選択肢の数は減っていくだけかもしれないけど、どうせ見えない未来なら、
思い描くことは自由なんじゃないかな。


夜空に光る星というよりも、スターの星。
だから曲もロックなのです。
多くの人の期待を背負う星にはなれないけど、
誰かに希望の光を照らす星には憧れるなぁ。

-Sen-
フォークソングのような、素朴でアコースティックな曲。
「Sen」にはいろんな意味が込められていると思うのですが、
一番大きいのは「戦」かな。
どんなに残酷な結末になるとわかっていても、
どうして戦は生まれてしまうのだろう。
繰り返さないためにも、過去の過ちを忘れてはいけない。



2007

2007

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/10/10
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

10th Anniversary MEGA BEST

m.o.v.eのデビュー10周年を記念して発表されたベストアルバム。
CDは2枚組になっています。
DISC1には、ファンにより人気投票にて選ばれた10曲と、
2007年にリリースされたシングル
Systematic Fantasy」「Good Day Good Time」「SPEED MASTER」、
それまでにCD化されていなかった「Sugar Sugar Rain」、新曲の「Key Ring」が収録されています。
ファン投票による選曲は私の好みともだいたい一致してたかな。

「Systematic Fantasy」はオシャレなエレクトロ風の曲で、
ちょっと近未来的な、都会のポップという感じ。
それと両A面だった「Good Day Good Time」はファンキーなロックとの融合で、
割と今までのハイテンポな路線に近いかな。
そして「SPEED MASTER」は、ロックバンド8-BALLとのコラボレーション。
日本人ですがまるで洋楽のようなカッコよさで、今で言うワンオクみたいな感じかな。
かく言う私も、彼らのことはこの楽曲でしか知らないのですが…。
同名のタイトルの映画の主題歌になってます。
4人と3人がいい意味でぶつかり合うように繰り広げるサウンドは、
ものすごい爆発的なサウンドとなって、私たちの耳に届きます。

新曲の「Key Ring」は切ない系の部類の曲。
途中でスイングジャズと融合しているのは、新しい試みだと思います。

未発表曲の「Sugar Sugar Rain」は極楽気分が味わえるような、ご機嫌ソング。
m.o.v.eの曲で、リミックスではなくオリジナルがジャングルアレンジなのは珍しいかも。
yuriさんが歌うゆったりパートと、motsuさんのご機嫌パートの緩急が心地よい。
バカンスシーンにピッタリ。


DISC2には、ファン投票には選ばれなかったものの、メンバーが曲を選考し、
メンバー自らノンストップ・リミックスを施したものが収録されています。

ちなみにDVDには、全シングル曲のショートバージョンのPVが、
これまたノンストップ・ミックスで収録されている仕様です。
m.o.v.eの歴史がノンストップで体感できます。
改めて見ると、やっぱりクルマが似合うな。

ジャケットの大ボリュームのハンバーガーは、
当時発売されていた「メガマック」を思い出します。
私は食べたことないけど。
それくらいのボリュームたっぷりのアルバムです。



10th Anniversary MEGA BEST

10th Anniversary MEGA BEST

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント
  • 発売日: 2007/10/03
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

HONOR 守り続けた痛みと共に

私が初めてNACSに出会った作品です。
そもそも私がNACSと出会ったキッカケは、
友人にこの作品のDVDを見せてもらってから。
その後、実際にNACSの舞台も観に行ってすっかりハマッてしまって、
自分でもDVDを買ったのです。
NACSさん、ちゃんと私は借りるだけじゃなくて、自分でも買いましたよ!!

というわけで、私にとっても大切な作品を、レビューさせていただきます。

どこかの校歌らしき合唱が聞こえたあと、舞台が暗くなり、幕がおりると…
いきなり息をのむ太鼓の演奏に圧倒される。
メンバーが見事な太鼓の演奏を披露してくれるのですが、その姿は老人。

この部分はいわゆるプロローグ。
今回はNACSメンバーの出身地・北海道の架空の村である「恵織村」が舞台です。

核となるのは、安田さん演じる五作さん。
戦争や友人の死など、悲しい過去を乗り越えて、ひとり生き長らえてきた老人の、
70年に渡る想いを伝える、郷愁人情ファンタジーです。

ところで、TEAM NACSはメンバー5人によるユニット。
客演がいないので、どんな役でも5人でやるしかありません。
今回は70年に及ぶ物語ということで、少年から老人まで、幅広い年代の役を演じ切る。
しかも、最低でも一人2役は演じるので、もはや何役やっているのか。

女優さんがいないので、たとえ女役であっても、女装して演じます。
音尾さん演じる「チエ」は、五作さんのかつての想い人で、いわゆるヒロインになるわけですが、
普通なら綺麗ドコロの女優さんが演じそうな役です。
そこを音尾さんが、おさげにもんぺ姿で演じるわけですけど、
物語に引き込まれてしまうと、全く違和感は感じない。
見た目じゃないリアルな感情の動きがそこにあったからでしょう。

他にもシゲさんと森崎さんが女装しています。
シゲさんは本当に女役ではなく、役柄上おかまになったという設定で、
本当に女装の役なのですが、これが何だかすごく綺麗!
さすがNACSのハンサム担当です。
森崎さんの女装は完全にウケ狙いで、一瞬登場するだけでしたが、ものすごいインパクトでした。

こんな風に、たとえ一瞬登場するような細かい役でも、5人の中で演じないといけないのです。
例えば五作さんが戦地のフィリピンに赴任した時の上官役を演じたシゲさん。
そのキビキビとした動きが見事で、特に匍匐前進はそれだけでも見物!
普通の劇団なら、こういう役は若手がやったりするもんですが、
ここまでの演技を見せられてしまうと、もうかなわないですよね。

それから、現地の救護兵ダバオを演じた音尾さん。
どうやら音尾さん憧れの外国人役だったようです。
そのカタコト具合が絶妙で、つい真似したくなっちゃいます。
言われてみれば確かに、外国人の方が「チョット待ッテク~ダサイ」って言ってるイメージある!
あとは、何故か語尾を奇妙なアクセントで伸ばしたり。
中でも私が一番お気に入りなのは、去り際の「ドウデスカ~?」って台詞。
本人の演技プランでは恐らく、余韻が残るように去るつもりだったのでしょうが、
何だが面白い仕上がりになってしまいました。
実は結構大事なシーンで笑っちゃいけないシーンかもしれないけど、耐えられなかった。

これだけ幅広い役を演じているので、今回もまた早替えが大変です!
画期的だと思ったのはズボン。
一瞬黒地に銀のラインが入っている模様なのかな?と思いきや、
何とその部分はファスナーだったのです。
ファスナーを使って裾の着脱(?)ができるというスグレモノ。
なので、大泉さんがあっという間に短パンになったり、シゲさんがスカートはいたりできるわけ。
この黒ズボンが、時には少年たちのズボンになったり、中学生の学ランのズボンになったり、
老人たちの法被の下のズボンになったり、何て便利なんだろう。
毎回、早替えのための衣装部さんの工夫には脱帽です。

また今回は被り物が多くて。地毛で出てくる方が少ないんじゃないか!?と思うくらい。
老人役の時には、森崎さん・大泉さん・音尾さんがハゲヅラをかぶって登場。
これはそれぞれが将来どういうハゲ方をするのかをイメージして作られたそうですが、
なんか生々しいです。
と言いながらも、リアルに毛髪について悩みだすお年頃のメンバーなので、
副音声でも毛髪ネタで盛り上がってたな。

でも、ハゲヅラはまだ序の口。衝撃のカツラはこの後も続々出てきます。
中学生になった頃。
バンドを組んではいたものの、少年たちの音楽の好みがそれぞれ違い、
それぞれが尊敬するアーティストのマネをしていたのです。
音尾さん演じるこうた君はチェッカーズ、
森崎さん演じるかどた君は南こうせつ、
シゲさん演じる花男君はXと、
それぞれの髪型を模したカツラで登場。
これはもう出オチでした。

いろんな格好のいろんなキャラクターが登場してきましたが、
何と言っても最強だったのは、安田さん演じる「ケン・タウロス」。
設定上は、大泉さん演じる秀一君が少年時代に落書きしたキャラクターが具現化したってことになってますが、
キャラが独り歩きしちゃってもう大変!
もう姿からしてエライことになってます。
上半身裸で下半身が馬(?)っていう、一歩間違えれば劇団四季にでも出てくるんじゃないか、
というようなナリなのですが、安田さんが暴走しちゃって大暴れ!

ここはケンタウロスと少年たちが絡んではしゃぐ(?)シーンなのですが、
本気で遊びまくってます。
さすが体は大人でも心は少年。楽しそうです。
ただ、ものすごい運動量なので、見た目以上に大変なんじゃないかと。
今思えば、安田さんが遊べるのは、唯一このケンタウロスだったんじゃないかと。

このシーンも実はすごく重要なシーン。
少年のこうた君が亡くなったおじいちゃんに会いに行くという冒険のシーンなのです。
死者の魂が宿るという「HONORの木」。
村の神木とも言える、大きな白樺です。
言わばこの作品のシンボル的存在なのですが、その存在感は圧巻!

この木をはじめ、舞台装置は本当に綺麗でした。
通称「たたみいわし」と呼ばれていた、まるでたたみいわしのような形状の紗幕がありまして、
これが舞台上にいろんな空間を作り上げてくれていたのです。
ある時はこの世とあの世の境界線に、ある時は卒業式の中学校の舞台の幕として、大活躍。
特にたたみいわしの向こうに、死者のシルエットが映るのは綺麗でした。

中学校の卒業式で、5人で校歌を歌うところも印象的でしたね。
ここは上述のたたみいわしの向こうに客席があって、
あえてメンバーの後ろ姿を見るという演出になっているんですけど、
卒業したら村を出ることを決めたメンバーが、背中で語る演技にしびれました。
表情が見えない分、想像しましたね。

そうして、中学卒業後、お寺を継ぐ秀一君以外は、村を出ていきました。
その後、お互いが携帯電話で連絡を取り合うシーンがあって、
それはさながら舞台上に三次元中継のような演出をされているのが、
物理的にはひとつの空間なのですが、お互いの距離感が感じられてよかったです。
なるほど~と思いました。
これ、生の舞台だとどちらかに視点を合わせなくちゃいけないけど、
DVD編集のおかげでワイプでいっぺんに見れるようになっているのがありがたいです。
よく見ると、携帯電話を持つ手だったり、マイムが細かいんですよね。
気心知れた人と話す時って、何かしながら話すじゃないですか。それがリアルなんです。

それから、村に残った秀一君から白樺の苗木が3人に届きまして。
白樺=恵織村の象徴。
3人それぞれの白樺、もといふるさとに対する向き合い方が異なっていて、
その細かい心情が伝わってきました。
だから、苗木も小さいものだったり、大きく成長していたり、折れてしまったり、
美術さんの細かい技が光ります。
三次元中継のように苗木のお世話をしていくのですが、真ん中に置かれたやかんだけが共有で、
このやかんが介在して、3人の共通点を象徴的にも結び付けてる演出が好きです。

NACSのお芝居の魅力って、ストーリーや役者の演技力はもちろんなんですけど、
そのエンターテインメント的な見せ方にもあると思うんです。

今回、その最たるものだったのが、和太鼓のパフォーマンス。
冒頭、老人役としてさわりのパフォーマンスをするのですが、
最大の山場は舞台のクライマックスにあります。
これだけでも十分、見ごたえたっぷり。
さぞかし猛練習したんだろうな、と思えます。
その努力の痕が、特典DVDで見れますよ。
この太鼓のパフォーマンスのために、なんと太鼓5台買っちゃいましたからね。
※その後、夕張でのジャンボリーで使われ、夕張の協会へ寄贈されたそうです。
でも本当、この頃のNACSメンバーは、ドラマの仕事も入り始めて忙しくなっていた頃で、
そんな中で、台詞も覚えて、太鼓も練習して…って、本当にすごいなって思います。

そして、舞台上で何と、オーロラを再現してしまったこと!
これは昔、森崎さんがウトロのお祭りで見たオーロラ投影から
インスピレーションを得られたそうですが、本当に素晴らしい!
単なるオーロラじゃないんです。それも「手作りオーロラ」。
懐中電灯の光をビニールに投影するっていうアイディアも、手作り感満載で素敵。
一生懸命さが伝わってきますよね。
これを実現させるのに、何度も実験を繰り返したんだと思いますが、
こういう作業ってワクワクするし、形になった時の感動もひとしおだと思います。

ストレートプレイなんですけど、こういう派手なエンタメ的要素を入れてくるのは、
森崎さんの演出の醍醐味で、その発想力にはいつも度胆をぬかれます。

森崎さんはいつも音楽にもこだわりを持たれているのですが、
今回はなんと校歌まで作ってしまいましたから!
作ったのは音楽担当のNAOTOさんです。
客入れ最後の曲として、幕がおりる直前まで流れているのが、恵織村中学校の校歌。
リアリティを求めて、子どもたちに歌ってもらっています。
他のBGMも、どこか田舎を意識して作られていて、それが郷愁を誘うのです。


この作品、キャッチコピーは「全ての心に、ふるさとを。」ということで、
誰もが何かしら心に引っかかるものがあるのではないでしょうか。
私は今年亡くなったばかりの祖父のことを思い出しました。
もしも「HONORの木」が本当にあったら、私は祖父と話してみたい。
五作さんの想いは、先立たれた友人の孫にしっかりと引き継がれていったけど、
私も生前、祖父が思っていたことは引き継いでいきたいし、
祖父が願ったことがかなえてあげられたらいいな、と思います。
いつか、私も祖父と同い年ぐらいまで生きれたら、自信を持って悔いなく逝かれるように。
そんな人生でありたい。


特典ディスクには、毎度おなじみのNACS CAMERAという舞台裏映像。
そして、結成10周年を迎えたNACSのトークライブイベントと出版された本に基づいて、
メンバーが10年を振り返る映像になっています。
NACSの原点と歴史がわかる、貴重な映像ですよ。




HONOR ~守り続けた痛みと共に [DVD]

HONOR ~守り続けた痛みと共に [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD


あらすじを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

娯楽

娯楽と書いて「バラエティ」と読みます。
引き続きテレビ番組のジャンルがタイトルになっています。
ジャケットでは、メンバーがバラエティ番組に出演しているような場面になっていて、
林檎ちゃんがフリップを持っているのがすごく新鮮!

前作まではほとんどの楽曲の作詞・作曲を林檎ちゃんが手掛けてきましたが、
今作では林檎ちゃんは作詞だけに専念し、
メンバーの伊澤一葉さん、浮雲さん、亀田誠治さんによる楽曲で構成されています。
林檎ちゃん同様クラシックの教育を受けた端正なソングライティングが特徴の伊澤さんと、
カントリーからソウル/ジャズまでというふり幅のある浮雲さん。
そんな二人の楽曲を歌うことで、自身の曲とはまた違った声もあるのかもしれない。
その声に焦点を絞ったものもやってみたいという意欲作です。

ランプ
ランプとは高速道路のICなどの道路を意味するもの。
なので、ドライブミュージックに良いかもしれません。
すごくオシャレで快適なドライブになると思います。

ミラーボール
ギラギラしたイメージじゃなく、とっても大人なクラブミュージック。
あえて落ち着いた雰囲気で聞きたいです。

金魚の箱
タイトルから、金魚のアートアクアリウムが思い浮かびます。
一度行ってみたいと思ってみながら、一度も行ったことないんですよね。
ただ鑑賞されるために生きるって、どんな気持ちなんだろう。
よく大奥とか花魁が金魚にたとえられますよね。
林檎ちゃんが楽曲でそういう作品に関わることが多く、金魚に縁があるんだな。

私生活
これは名曲!
もしかしたら事変の中で一番好きな曲かもしれない。
魂の叫びとも言える壮大なバラードロックです。

OSCA
前作アルバム「大人」発売時のインタビューで林檎ちゃんが、
「今後について自分は曲を書かず、作詞と歌のプレイだけに関わったアルバムを作ってみたい」
という発言の通り、このシングルから林檎ちゃん以外のメンバーが作曲を担当しているのです。
この曲は浮雲さんが林檎ちゃんにより詞曲を依頼され製作しました。
タイトルは車好きの浮雲さんが、イタリアのスポーツカー「O.S.C.A」から取ったもので、
漫画「ベルサイユのばら」に出てくるオスカルのような劇的なイメージもリンクしたのかもしれないし、
「オスなのかメスなのか」という意味もあるそうです。
歌詞の内容は「だらしない男」について歌っています。

黒猫道
猫派なので、マイペースな猫の生き方にはすごく憧れます。
そんな唯我独尊な猫の気持ちを代弁している曲。
本当に「かまってくれるな」って思ってるんだろうな。
わかってるんだけど、ついかまいたくなっちゃうんだよね。
猫みたいに、他人のこと考えなくてよければいいのに。

復讐
本作で唯一鍵盤パートが無い楽曲で、伊澤さんはギターを担当しています。
全編英詞なんですけど、すごくクールでカッコイイ!!
まるで洋楽ロックのような仕上がり。
事変でも林檎ちゃんでも、なかなか新境地な曲なんじゃないかと思います。

某都民
浮雲さんと伊澤さんが、コーラスとしてではなくボーカルとして参加していて、
語手:浮雲さん、男唄:伊澤さん、女唄:林檎ちゃんという風に役割分担されています。
3者3様の声がマッチして、面白く聞けます。
まるでいろんな男女が行きかう東京のよう。

SSAW
林檎ちゃんと伊澤さんのデュエット。
タイトルの意味は、それぞれ四季を表わす英語の頭文字で、ファッション業界ではおなじみですね。
その通りに、四季を感じることのできる、爽やかな一曲です。

月極姫
浮雲さんが、フランス語でコーラスを歌っています。
有期契約で働く私は、「月極姫」みたいなもんじゃないかと思ったり。
まぁ、姫は余計だけど。

酒と下戸
お酒飲めないので、お酒の力も借りれないんですよ。
お酒飲める人うらやましいな。

キラーチューン
デモを聴いた林檎ちゃんが、「この曲はキラーチューンだ!」と直感し、
そのままタイトルになりました。
この曲独特のスウィング感が爽快で、
そこに浮雲さんがカントリー・テイストなギターで味付けをしている、
センスとテクニックが見事に融合した曲なのです。

メトロ
林檎ちゃんは何となく地下鉄のイメージ。丸サディの影響かな?
都会っぽく洗練されたメロディがお洒落です。



娯楽(バラエティ)

娯楽(バラエティ)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Records Japan
  • 発売日: 2007/09/26
  • メディア: CD


収録曲をみる


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ポルノグラフィティ

バンド名がアルバムタイトルになった、いわゆるセルフタイトルのアルバムです。
シングル曲が1曲しかなく、アルバムの収録曲数自体も少な目なのですが、
これは晴一さん曰く、45分という凝縮された収録時間にこだわったそうです。
私見ですが、いろんな曲があり、テーマ性のある曲も多いので、
あまり短いという感じはしないですけどね。

リンク
唯一のシングル曲であり、このアルバムのリードシングル。
昭仁さんがデビュー後から現在までに至る「自分たちのやりたいことは何か」を、
晴一さんと話し合いながら制作した曲で、「探求」や「つながり」がテーマ。

空蝉
シングルやアルバムに入れることを考えず、自由に制作した曲だそうで、
その結果なのか、テンポチェンジが激しい曲になりました。
「空蝉」というタイトルから、こんなに激しい始まり方をすつのは予想外だったんですけど。
スローテンポになった時はイメージ通りで、変化が楽しめます。

ウォーカー
着々と歩み続けるような、ミディアムテンポの曲。
晴一さんらしい、生活感に密着した歌詞が面白いです。
確かに、賞味期限の切れる夜の0時に何が起こるのかといったら、
その瞬間に急にダメになってしまうわけじゃない。
そうやって、結構賞味期限過ぎても食べたり飲んだりしちゃう。
結局いつまでがセーフで、いつからがアウトになるかなんて、個人次第。

ベアーズ
野球を題材にした曲で、「ベアーズ」とは架空の野球チームの名称です。
二人とも生粋のカープファンですからね。
野球の試合場面がリアルに浮かんでくるような歌詞で、青春だな~って思います。

農夫と赤いスカーフ
「ベアーズ」の住む街の様子を歌った曲。
広大な土地と日差しが似合う、のどかな街のようですね。
都会とは対照的な風景。
この街には後にロックバンドがやってきます。

鉄槌
詞は、晴一さんが山崎豊子の「白い巨塔」「二つの祖国」を読んでいた時に書いたそうで、
2時間もののサスペンスドラマを見ているような、重々しいワードが並んでいます。
曲自体もかなり重厚感があって、ズシッズシッと響きます。
まるで鉄槌で打たれるかのように。

Light and Shadow
私も今までずーっとさなぎのままで、羽化したことない人生だと思う。
さよならしたいな。
最近になって、眠った未来を見つめ直していて、
ちょっとずつですが、また磨き始めています。
すぐに羽ばたけなくても、続けることが大事なんだと思う。

My 80's
今作唯一の打ち込みの曲で、昭仁さんのイメージの80年代風アレンジのナンバーです。
歌詞にも80年代の様子が描かれていて、同世代には共感できるんだろうな。
あいにく私は80年代生まれなのでリアルに体験していないのですが、
私が生まれた頃はこんな時代だったんだなぁ。

ロックバンドがやってきた
「ベアーズ」の住む街に「ロックバンドがやってくる」という、
街にとってはちょっとした事件なんですが、面白おかしく歌ってます。
都会からロックバンドがやってくるなんて言ったら、町中はそれはもう大騒ぎ。
町長も祝辞をとちっちゃうよ。
めったにないイベントに、みんなが熱狂する姿を想像すると、つい微笑ましくなります。

Please say yes, yes, yes
すごく必死さが伝わってくるのですが、
ここまでくると本当にYESと言ってもらえたらいいなって、
密かに応援したくなります。

そらいろ
昭仁さんが「アルバムの最期に入れられる曲」を想定して作った曲は、
故郷を歌った曲となっています。
二人がこんなにビッグになるとは、因島の皆様もさぞかし嬉しいことでしょう。
ポルノのお二人も、ちゃんと故郷のことを忘れずに大事にしているところが素敵です。



ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SME Records
  • 発売日: 2007/08/29
  • メディア: CD


収録曲を見る


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -